IR情報

ディスクロージャーポリシー

基本的な考え方

日本ガイシグループは、株主・投資家の皆さまとの双方向のコミュニケーションにより、経営状況や運営方針の正確・迅速な説明に努めるとともに、企業価値の最大化に取り組んでいます。

企業情報の開示

経営の透明性を高め、日本ガイシグループに対する社会の信頼を得るために、経営情報、財務情報、商品・サービスに関する情報など、広く社会が求める情報を正確かつタイムリーに発信します。

行動ガイドライン

社会が必要とする情報は、法令や規則、社内ルールに従い、速やかに開示します。正確な財務情報を開示するために、財務報告に係る内部統制の仕組みを確立し、適切に運用します。
商品・サービスに対するお客さまのお尋ねには誠意を尽くし、正確、かつ適切な内容・方法で応えます。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する「TDnetシステム」にて公開します。TDnetシステムにおいて公開した情報に関しては、当ウェブサイトに速やかに掲載致します。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様にとって有用であると判断した情報については、本WEBサイトやメディアを通じて可能な範囲で適切かつ公平に開示します。

沈黙期間に関して

当社グループは、株価に影響のある決算情報及び将来見通しの情報漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算情報の資料準備期間中や予算編成作業中において、決算・業績見通しに関連するコメントや質問への回答を控えております。但し、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い、適宜公表することとしております。

その他

本ウェブサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーに加え、別途「IR情報」に記載の免責条項も合わせてご参照下さい。