New Members

Question 02

学生から社会人になって、
学生時代と社会人の今、充実度が高いのはどっち?

写真
グラフ

充実度が高いのは?【学生】

  • 学生時代は活発に動き回って行動範囲が広く、いろいろな友人と会っていたが、今は平日は仕事で疲れて休日も家でゆっくり過ごす時間が多いため、行動範囲や交友関係が狭くなった気がするから。
  • 社会人はお金に余裕があり趣味の幅は広がるが、自由な時間が減るため自由度が高い学生時代の方が充実を感じる。
  • 社会人ではプライベートにおいて経済的に余裕はできたが、時間的余裕がなくなってきたため。
  • 好きなこと(部活動)に打ち込めたため。
  • 学生の時は自分の興味のままに自由に研究ができたが、今はそういうわけにはいかないから。
  • 学生の時には体力も時間もあり、いろいろな趣味や新しいことに挑戦できていました。社会人になってからは体力も時間も下降気味。
  • 時間を自由に使えるため。大学生に戻れたら、もっと自分の好きな勉強をしたいです!
  • 学生は長期休みがあって、平日も時間がたっぷりある。社会人も休みはあるが、長期連休はなかなか難しい。
  • 社会人も充実しているが、さまざまなジャンルのことに挑戦できるという点で学生の方が充実度、密度が濃いと考える。
もっと見る閉じる

充実度が高いのは?【社会人】

  • 自らを成長させながら、社会に貢献もできている実感もあるので、やはり社会人のほうが充実度は高いと思います。
  • 学ぶことが多いから。(仕事の進め方、仕事の知識など)
  • 出勤サイクルが決まっていて、生活リズムが大きく変動しなくなったため。
  • 時間の使い方を考えるようになるため、日々の満足度が高い。
  • お金を持ったことで、定時後・休日に自由な活動ができる(お金の制約を受けない)。
  • 学生時代は平日に学校、休日にアルバイトをしていて休みがなかった。社会人になった現在は土日は必ず休みなのでほどよく休憩できる。
  • 視野が広がった。狭い世界で生きてきたんだなと実感した。
  • 社会人は、平日と休日のメリハリがはっきりしている分、週末は遊ぶことに全力を注ぐことができるから。
  • 関わる人の人数が圧倒的に増えるため。色んな人とコミュニケーションを取るのは難しいが、色んな人と関わりができ、その関わりで仕事が達成できたとき、それが充実に繋がる。
  • 自分がしたいこと・ほしいものに投資できるから。
  • 1日当たりの作業量も多く、覚えることも多いがその分成長していると実感できるから。またその対価として、バイトではなかなか稼げなかった額が貰えることも充実感に繋がっています。
  • 忙しさは学生も社会人も同じだと思う。ただ社会人はお金がもらえるため、おいしいものを食べれるし、買いたいものを買える。
もっと見る閉じる

入社前の期待→現実

  • 会社帰りに同期と食事→疲れて帰宅
  • 忙しく、プライベートな時間がなくて大変 → 仕事に慣れたら、意外と趣味をする時間もあり楽しい
  • 通勤で歩く距離がそこそこあるので痩せる→外食が多くなり太った
  • どんどん仕事を任せたいと思われる存在→1つの仕事で手一杯
  • 社会人になって新しい趣味を始める!→特に何も始めていない
  • 1人で完璧を目指す→複数人で分担して早く終わらせる
  • かっこよく仕事する→泥臭く仕事する
  • 残業ばかりでしんどい→残業あんまりなくてジムに毎日行けるという幸せ
  • 毎日残業もいとわずバリバリ働くぞ!→水金はリフレッシュデーだから定時に帰ろう
  • 先輩と一緒に仕事をこなしていきながらできる仕事の幅を広げる➝いきなり実践投入で、やりながら、失敗しながら学ぶ(経験値としては大きいので私的にはありがたいです。)
  • これまで続けてきたランニングを継続して続ける → 仕事に追われて走る機会が減った…
  • 仕事バリバリしてオフは稼いだお金で海外旅行!→コロナで海外旅行に行けず貯金が貯まる
  • 田舎出身で今まで電車をほとんど利用しなかったため、通勤電車がつらいかもしれない→意外と平気
  • 毎朝おしゃれな朝食をつくる→毎朝フルグラになった
  • オフィスで黙々と仕事をする→現場とオフィスを行ったり来たりする
  • お金を貯める→実際に貯まった
もっと見る閉じる

社会人になって身についたもの

  • スピード感。
  • 自身が関わった事に対して責任を持つ、という当事者意識。
  • 規則正しい生活習慣。
  • 先に起こり得る事柄を想像する力や相手の立場・状況を考える力。
  • 家事のスキル。
  • ビジネス用語や目上の方に対して使用する言葉の表現。
  • やり遂げる根性。
  • スケジュール管理や優先順位の付け方。
  • 明日の仕事への悩みは家に帰ったら忘れること。(家に帰って悩んでも結局現状からの進展は得られないので、忘れて家の時間を楽しんだ方が良い)
  • 論理的思考力。(まだまだ不十分だが)
  • エクセルスキル。
  • コミュニケーション。(社内外問わず)
  • 社会人の金銭感覚。
  • マルチタスクの処理能力。
  • 結論ファーストの志向。
  • 人に頼ること。
  • 朝の準備の速さ。例:1.5時間→15分に短縮。
もっと見る閉じる
ENTRY / MY PAGE