Concept

求める人物像Personality

“一度やってみよう”
失敗してもいい。
チャレンジしていくことに意味がある。

私たちが求めているのは、独自のセラミック技術で社会に役立つ製品を生み出す
「日本ガイシの一員として働きたい」という強い意欲を持った人。
創業以来、世界中の人々に快適さや幸せをもたらすために、社会の変化に対してさまざまなチャレンジをおこなってきました。
その中で私たちが確信したのが、「聡明」「誠実」「柔軟」「快活」という資質を兼ね備えている人が、
職種問わず仕事で活躍できる人だということ。
従業員一人一人のチャレンジマインドが企業に進化をもたらしてきました。
意見の言えない会社より、言える会社の方が絶対いい。
日本ガイシは前向きなチャレンジマインドを持った人を求めています。
未来のために先を見据えて、今何をするべきかを大切にしたいから。

聡 明

知ることに前向きな人は自分の身の処し方を把握し、物事を正しく理解できます。
自らの頭で考え、自ら行動に移せる人を求めています。

誠 実

真面目で実直な行いは安心感・安定感を感じさせ、社会からの信頼につながります。
自分の役割をコツコツと継続できる人を求めています。

柔 軟

優れた共感力は自らの手で世界を広げていき、期待を超えた成果につながります。
相手の立場を慮り、状況に応じた判断ができる人を求めています。

快 活

⼈と⼈との良質な関係が強いチームをつくり、社会に役立つ製品を生み出します。
明るく朗らかで、仲間とともに目標に向かって努力できる人を求めています。

人事担当メッセージ

─日本ガイシが大切にしていること─

Message - 01

見ること聞くこと、
すべてを吸収しよう

人事部 採用グループ 小川 保典

Profile

2001年4月入社。法学部政治学科卒。初任配属は電力事業本部(現・エネルギーインフラ事業本部)の海外営業部で、極東地域(中国・韓国・台湾)への電力用がいしの販売を担当。2002年に電力事業本部の企画部に異動し、管理会計・事業企画・海外グループ会社支援などを9年間担当。その後2011年に社内公募制度を利用し、現職の人事部採用グループへ異動。新卒採用業務をする傍ら、大学での非常勤講師なども務める。2017年にはテレビ東京「ガイアの夜明け」で採用担当者として悪戦苦闘する姿が放映された。

新入社員として働きだしたら、生活パターンも周りの環境も大学生の頃とは一変します。おそらく戸惑うことばかりでしょう。とくに仕事は、新しいことを1からすべて覚えなければなりません。果たして自分にできるだろうかと不安に思うかもしれませんが、安心してください。まず大切なのは、「見ること聞くこと、すべてを吸収しよう」と、どん欲な気持ちで毎日の仕事に取り組むこと。そうすれば何年か先に、必ず先輩方と同じように仕事ができる人になれるはずです。そのためには、常に高いアンテナを立て続け、学ぶ意欲を持ち続けてください。私たち人事の最重要ミッションは、そんな意欲ある社員を1人でも多く増やすことです。

私が採用に携わった社員の多くが、大きな仕事を任されるなど、会社に入ってから飛躍的な成長を遂げています。そんな彼らの活躍ぶりを見て、あることに気付きました。チャンスに恵まれるのは、目の前の仕事を一生懸命にやりきって結果を出した人だということです。仮に入社前に自分がイメージしていた仕事とは違っていても、前向きに取り組み、全力で結果を残していけば、自ずと道は開けるはず。どんな状況でも自分を見失うことなく、真摯に仕事に向き合っていくことが大切です。

写真

新入社員時代エピソード

入社して最初の配属先は電力事業本部(現・エネルギーインフラ事業本部)の海外営業部でした。もちろん、海外の取引先とのやり取りはすべて英語。全く得意ではなかったので、配属された当初はうまく会話ができず落ち込むことも…。あまりくよくよ考えても仕方がありません。この状況は自分の英語力を磨くチャンスだと考え、通勤電車の中で英会話の講座を聞くなど、自分なりに英語の勉強をするようにしたら、自分に自信が付いたのか、次第に仕事もうまくできるようになりました。何事も前向きに努力すること。新人時代に、この大切さを学びました。

Message - 02

ありのままの自分で、
のびのびと働こう

人事部 採用グループ 和泉 貴美子

Profile

2016年4月入社。社会学部社会学科卒。元々の希望職種は海外営業だったが、初任は第2希望の人事に配属。1年目から技術系・営業管理系の新卒採用担当として、インターンシップの企画・運営や採用面接に携わっている。学生に近い立場を生かし、若手ならではのアイディアが出せるよう意識しながら、日々業務に邁進中。

①一緒に働きたいと思える人がいること②グローバルな仕事ができること③直感で面白そうと思えること——私が就職活動をする上で大切にしたのは、3つの軸です。
日本ガイシを選んだ一番の理由は、働いている先輩方の雰囲気がよかったから。社員座談会の際にお会いした方は皆さん親切で、こちらの質問にも丁寧に答えてくださいました。また、面接で役員の方が私の話に熱心に耳を傾けてくださったことも印象的に残っています。「この会社なら、ありのままの自分を認めてもらえる」と感じ、ぜひ日本ガイシで働いてみたいと強く思いました。
実際に入社してからも、就職活動時に抱いていたイメージと大きな差はありません。人事の仕事は他部署の方にいろいろとお願いすることがありますが、皆さん多忙な業務の中でも嫌な顔をせずに対応してくださいます。そんな姿を間近に見ると、「自分も見習わなければ」という気持ちに。このような先輩方と一緒に働けて、「人に恵まれているなぁ」と毎日が充実感でいっぱいです。

就活生の皆さんには「自分の色を大切にしてほしい」と声を大にして言いたいです。私もそうでしたが、面接はとても緊張するもの。つい自分を飾りたくなってしまいますが、自分を偽らず、自分の言葉で、自分の心の内を素直に話すように心掛けてみてください。きっと、あなたの色を認めてくれる会社があるはず。背伸びをしても、後が大変になるだけです。私たちは、自分の言葉で自分らしく語ってくれる就活生の皆さんと向き合いたいと考えています。「日本ガイシという会社でこんなことをしてみたい」という夢や目標を大いに聞かせてください。

写真

新入社員時代エピソード

入社して1年目が終わる頃、学生向けの説明会の直前にパソコンが壊れ、用意したスライドが上映できなくなってしまったことがありました。その場のとっさのアイデアで、学生の質問にしっかり答える座談会形式に切り替えて説明会を開催。内心はヒヤヒヤものでしたが、うまく乗り切ることができました。社会人として1年間鍛えられたおかげ。イレギュラーなことが起きても動じることなく対応できるようになったと、自分自身の成長を感じた瞬間でした。

ENTRY / MY PAGE