Interview - 02

NOxセンサーを
よりよい製品にするために

H.F技術系

[ 製造技術 ]
セラミックス事業本部 センサ事業部 生産技術部

1996年入社 
工学系研究科 材料学専攻

キャリア変遷

  • 1996年入社
  • 1996年研究開発本部 材料研究所(当時)配属
  • 1998年カリフォルニア大学サンタバーバラ校留学
  • 2002年帰国し、基盤技術研究所(当時)へ異動
  • 2007年セラミックス事業本部 センサ部(当時)へ異動
  • 2017年センサ事業部 生産技術部部長に就任
もっと見る閉じる

現在の仕事内容を教えてください。

当社の主力製品のひとつである「NOxセンサー」は、オペラのようなもの。工学系のさまざまな技術・知識の粋を集めて当社が開発した、世界ナンバーワンシェアを誇る自動車の排ガス検査装置です。センサ事業部は、「NOxセンサー」のあらゆることに携わる部署。研究、開発、設計、製造、検査、工場の設置などに取り組んでいます。私の主な役割は、部署の取りまとめ。集まってきている各分野のスペシャリストたちが、円滑に仕事を進められるような環境づくりを行っています。若いメンバーが多いため、気を付けているのは接し方。指示待ちに陥らないため、なるべく自分の意見を言わせるように心掛けています。また、長く開発に関わってきたこともあり、現在もプレーイングマネージャーとしてよりよい製品作りにも携わっています。

インタビュー写真

どういうところに仕事のやりがいを感じますか?

日本ガイシがNOxセンサーの開発を始めたのは、今から30年前のこと。私がその開発チームに加わったのは、ようやく製品化のメドがついてきた2007年になります。途中参加とはいえ、会社が長い時間をかけて研究・開発した製品が、多くのお客様から信頼されるものへとなっていく場面に立ち会うことができて感慨深いものがありました。いまはセンサ事業部をまとめる立場として、なるべくチームで仕事を動かしていくように心掛けています。メンバーがそれぞれの役割を果たし、チームとして結果を残せた時の喜びは、言葉では言い表せないほどのもの。関わった人数の分だけ大きくなります。

インタビュー写真

今後の目標を教えてください。

「NOxセンサー」は指先ほどのとても小さな機械ですが、日本ガイシの高い技術と30年にわたる開発メンバーたちの熱い思いが詰まった、世界でも類を見ない画期的な製品です。その学問的・学術的価値はとても高いのではないでしょうか。もちろん、開発者としての権利は守られるべきですが、人類共通の財産としてその原理を体系立てて残していくことも大切です。それは、開発した企業の責務だとも言えます。私は、研究・開発から生産・販売まで「NOxセンサー」に多くの社員とともに長く携わってきました。「NOxセンサー」を学問にまとめるチャンスがあれば、集大成としてぜひ関わりたいと強く願っています。

インタビュー写真

現在就職活動を行っている学生へメッセージをお願いします。

当社は、やりたい研究を思う存分に行える土壌があります。
研究・開発職を志す人にとって、企業規模が大きくなると個人は埋没してしまい、規模が小さいと自分の思うような研究はできません。「どうしてもやりたい研究がある」「世の中にない製品・技術を自分の手で作り出したい」といった気概を持つ学生に、ぜひおすすめしたい会社です。私たちと一緒に、新しいことを生み出す研究をしてみませんか。

ある1週間のスケジュール

Mon

技術プロジェクト進捗管理

工程開発や材料開発、量産品の品質改善など多くのプロジェクトについて、技術ディスカッションを行い、次の方向性について指示を出すなど進捗管理を行います。

Tue

DR会議で開発プロジェクトの審議

新製品開発プロジェクトについて、開発方針を決める会議に出席し、生産技術の目線からプロセスや設備についての意見を述べて、開発者と議論します。

Wed

石川工場に出張し、新設備の立上状況確認

朝一番の電車で石川工場に出張。現地メンバーと議論をして、現場で課題の確認。生産現場で実際のものづくりを見ながら議論することが大切と実感する毎日です。

Thu

月報討論会で若手部員の仕事ぶりを確認

この日は月に一度の、部門の技術討論会。若手の発表に対して、いろいろとコメントをしつつも、プレゼン技術の上達が感じられたことに喜びを感じます。

Fri

構造革新進捗会議

生産技術の力を働き方改革などに生かすのも自身の仕事。部員からのアイデアを聞いて、プロジェクトに進める案件を判断。斬新なアイデアに触れて、初心を思い出します。

Sat/Sun

家族でキャンプ

この週末は家族とキャンプに。野外でバーベキューの後、子供たちと花火。しっかりリフレッシュしてます。

日本ガイシでのわたし

日本ガイシでのわたし

センサ事業部は、名古屋、小牧、石川の3拠点。私のデスクは、その3カ所ともにあります。全拠点において部下には積極的に話しかけるようにしています。と言っても、「この仕事をする目的は?」などとすぐに質問攻めにするので、「またか」と思われているかもしれません(笑)。それでもみんな付いてきてくれて、人には恵まれました。入社数年の若い社員が、与えた課題をクリアする姿を目の当たりにした時などは、自分のこと以上にうれしく感じるようになりました。

キャラクター

わたしの クロコエピソード

私の一番の仕事は、センサ事業部に所属する社員みんなが働きやすい環境を作ることだと考えています。例えば、勉強会を開催したり、部署内で使用する用語の共通言語化に取り組んだり、3つの拠点を繋いでウェブ会議を開催したり…。思い付く限り、いろいろな施策を行ってきました。これらの取り組みの根底にあるのは、少しのムダもなくしたいという思い。いずれは、私がいなくても普通に部署が回るように、仕事のインフラを整え続けます。

ENTRY / MY PAGE