一年目の本音

ホーム > 一年目の本音 > Q6

学生時代にしておいた方が良いと思うことや、就職活動のアドバイスなど

  • 自分の強みを持っておくこと。弱みはすぐに気づかせてもらえるし、直してもらえるように感じる。しかし、強みはなかなか相手からは教えてもらえないし、自分でもっておかなければいつか自信をなくしてしまうと思う。思わぬことが自分の強みになるし、つらくなったときや困ったときに助けてくれる。
  • 学生時代は自分の趣味の幅を広げるチャンスです。時間があるうちに趣味をたくさん見つけておくといいですね。
  • 英語の勉強は大事です…。
  • 「自分はこれがあれば幸せ」というものをたくさん見つけておく。
  • 老若男女問わず、色んな世代の人と話す機会を作る(ex.ボランティアに参加するなど)!世代間で考え方も異なるので、広い視野を見るには最適。
  • 自分の研究だけでなく他の研究にも興味をもち、広い視野を持ち続けること。そうすれば就職活動にもいい影響があると思います。
  • ベストな会社を選ぶのは無限に時間が掛かって無理だから、自分の中でOKラインを決めて選ぶ。ベストを探してはいけない。
  • エクセルなどパソコンの操作を一通りできると役に立つと思います。
  • 学生のうちは時間のかかることをした方がいいです。海外旅行や日本一周などまとまった日数が必要なことが社会人になるとなかなかできないと思います。
  • いろいろな企業の説明会や見学会に行っておくべき!自分の知らない企業でも、いい会社はいっぱいある!会社に入ると、あれほど他社についていろいろ知れる機会は無い。
  • 就活は一人ではなく、友人と常に情報交換をしながらやったほうがよい。
  • 自分がどういう人間になりたいか、それを考えて自分で必要だと思うことにどんどん挑戦してください。学生のうちに挑戦できないことは、社会人になってもできません。
  • 周りに流されず、自分のしたいこと、適性を見極めることが大切。個人的には、迷っている場合は1年程就職を延長するのも手だと思う。
  • 私の場合、就活中に行った相手に分かりやすいよう話を組み立てる練習が今活きています。
一年目の本音トップへ戻る一年目の本音トップへ戻る Q5へ

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報