一年目の本音

ホーム > 一年目の本音 > Q4

日本ガイシについて…日本ガイシへの満足度を100点満点で表すと?

90点以上 11.8% / 80点 47.1% / 70点 26.5% / 60点 8.8% / 50点以下 2.9%

日本ガイシのここが好き

  • 先輩上司が理不尽なことで怒らない、話しかけやすい。
  • 定時退社日が週2日あること。
  • 基本的にのほほんとしている雰囲気。
  • 給与体制がしっかりしている。割とホワイト。
  • やる気があれば1年目からでもどんどん仕事を任せてもらえる。言いたい事が言える。
  • 入社前にも感じていたが、やはり“人”がいい。わからないことを聞いても丁寧に教えてくれるいい先輩が多い。
  • クロコ君がかわいい。
  • 先輩・上司の仕事に対する意識の高さ。特に飲み会等で聞けるざっくばらんなお話に刺激を受ける毎日です。
  • 世代関係なくみんな仲が良い。
  • 皆、自分たちの技術には自信を持っている。また、特定分野に圧倒的な技術的強みを持っている。
  • 同期に恵まれている。ちょうど良い人数なので全員と仲良くなることができる。
  • 他社の人の話を聞いていると、大部分の他社より寮費が安い。
  • 寮や会社のご飯が安くて量もあり、満足。

日本ガイシのここがちょっと…

  • たまに忙しくて定時退社が守られないこともある。
  • 「経費」の条件がゆるい気がする。儲かっているのか心配になる。
  • ホワイト過ぎて融通がきかないことも…。
  • 自社目線で考えていることが多い。第三者的な意見がもっとあるといい。
  • 少し保守的、堅すぎる、地味な印象。
  • 交通の便が悪い、駅チカなら通勤にかかる時間も読みやすく街中に出るのも便利だと思います。
  • 残業が多い部署と少ない部署の差が激しい。
  • もう少し厳しく説教するという光景があってもいいのではないかと思う。
  • 高い技術力に対し過信がある。
  • 就職先を言うと、「外資系?」と言われる。知名度が・・・。
  • スピード感がほしい。マーケティング戦略が弱い。風通しがよくない。
  • 日本ガイシホールでのイベントの特別優待とかがない。
  • 会社の悪いところなど見当もつかない。
  • 社内の上下関係がやや顕著。社内での決まり事が多く、それに割く時間が多い。
  • 稀に古風な風習が現存していること。(飲み会での一発芸など)
  • 他部署との連携となると動きが遅いと感じることがある。

「へぇ~っ」「ほぉ~っ」と思ったことは?

  • 科学雑誌「Newton」に科学実験を載せていること。
  • 残業をし過ぎると逆に注意を受けること。
  • お客様との繋がりが強い。
  • ハニセラムは未だに人の手により形状等の調整が行われていた点。(もっとオートメーション化していると思っていた。)
  • 私たち新人の教育に対し力をいれてくれていて、フォローが手厚いと思った。
  • ハニセラムやNAS電池や碍子のイメージが強かったが、その他にもいろいろな製品を扱っていたこと。
  • (私の周りでは)社内恋愛、社内結婚が多い。
  • 名古屋ではなかなか知名度がある会社だということ。
  • あの食券のシステムでよくやっていけるなぁ…。
  • 当社製品の需要は、国の動きなどの影響が大きいということ。(NAS電池とか)
  • 新製品開発に力を大きく注いでいる点。
  • 思っていたよりもセラミックスでない製品を多く扱っている。
  • 技術力の高さ。
  • 思っていたよりアナログ、手作業な部分が多い。
  • 福利厚生が思った以上に手厚い。
  • 想像していた以上に競合他社が強いこと。
  • 部署の人が基本的にビジネス英語を話せる。
  • 会社の中に神社があるなんて、ほぉ~。
一年目の本音トップへ戻る一年目の本音トップへ戻る Q3へQ5へ

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報