日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2017年>
  4. 2017年10月11日 NOxセンサーの生産能力を増強

ここから本文です。

2017年10月11日
日本ガイシ株式会社

NOxセンサーの生産能力を増強

日本ガイシ株式会社(社長:大島卓、本社:名古屋市)はこのほど、自動車の排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)濃度を測定する車載用の高精度NOxセンサーの需要拡大に対応するため、生産能力を年間約1,800万本から2,500万本に増強することを決定しました。

当社は現在、NOxセンサーの心臓部にあたるセラミック製の素子を製造子会社NGKセラミックデバイスの小牧工場(愛知県小牧市)と石川工場(石川県能美市)で生産し、NOxセンサーの組み立てを当社名古屋事業所とポーランドの製造子会社NGKセラミックスポーランドの第1工場(ポーランド・シロンスク県グリヴィツェ市)で行っています。今回の投資では、NGKセラミックデバイス石川工場の素子製造設備と、NGKセラミックスポーランドのセンサー組み立て設備を増設し、2019年度に年間生産能力を現在の約1,800万本から2,500万本に増強します。投資額は約140億円を予定しています。

NOxセンサーは自動車の排気管に装着され、排ガスに含まれるNOx濃度をppm(100万分の1)レベルの高精度でリアルタイムに測定し、排ガス浄化装置の制御や故障診断に使用されます。世界的なディーゼル車の排ガス規制強化や欧州の新規制への対応のため、排ガス後処理システムのより精密な制御が必要とされることから、NOxセンサーのさらなる搭載車数・搭載本数の増加が見込まれ、今後も需要拡大が続く見通しです。

当社は本年4月にNGKセラミックデバイス石川工場の操業を開始し、NOxセンサーの生産能力を増強しましたが、今後、現在の生産能力を大きく上回る需要が予想されることから増産投資を決定しました。

当社はNOxセンサーのリーディングカンパニーとして、今後も拡大を続ける需要に対応する供給体制を整え、大気環境の保全に貢献していきます。

NOxセンサー

NOxセンサー

<設備投資の概要>

投資額: 約140億円
生産開始: NGKセラミックデバイス石川工場(素子)2019年1月
NGKセラミックスポーランド第1工場(組み立て)2019年10月

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社