日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2015年>
  4. 2015年06月22日 電力系統向け大容量NAS電池を受注

ここから本文です。

2015年6月22日
日本ガイシ株式会社

電力系統向け大容量NAS電池を受注

日本ガイシ株式会社(社長:大島卓、本社:名古屋市)はこのほど三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区)から、九州電力株式会社(本社:福岡市)の豊前発電所構内に設置される電力貯蔵用NAS電池を受注しました。

今回受注した蓄電池は、出力5万キロワット、定格容量30万キロワット時程度(一般家庭約3万戸分の一日の電力使用量に相当)で、新たに開発したコンテナ型NAS電池により構成されます。本年度中の運転開始が予定されており、完成すると世界最大級の蓄電池設備となる見通しです。九州電力はNAS電池を電力系統に接続し、揚水発電と同等の電力貯蔵機能を活用した需給バランスの改善による再生可能エネルギーの円滑な接続と、蓄電池を活用した系統電圧制御への適用について実証を行う予定です。

この実証事業は、一般社団法人新エネルギー導入促進協議会が公募していた「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業)」の対象に九州電力が採択され、実施されるものです。

コンテナ型NAS電池は、20フィートコンテナ内に出力200キロワットのNAS電池と制御装置類を組み込んだ可搬型の蓄電池です。従来に比べ設置期間の短縮や工事費用の大幅削減が図れるほか、用途に応じた適切かつ効率的な容量での設置が可能です。

NAS電池は当社が世界で初めて実用化した大容量蓄電池です。大容量、高エネルギー密度、長寿命を特長とし、長期にわたり高出力の電力を長時間、安定して供給することが可能です。2002年の事業化以来、全世界で約190カ所、総出力45万キロワット、総容量300万キロワット時以上の納入実績があり、電力負荷平準化用途や非常電源用途のほか、再生可能エネルギーの出力安定化用途でも利用されています。当社は世界的に高まっている大容量蓄電池のニーズに応え、再生可能エネルギーの普及拡大に貢献していきます。

<受注したNAS電池の概要>

出力: 5万キロワット
定格容量: 30万キロワット時程度
設置場所: 九州電力豊前発電所構内(福岡県豊前市)
運転開始: 2015年度予定

コンテナ型NAS電池 設置イメージ図

コンテナ型NAS電池 設置イメージ図

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社