日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2009年>
  4. 2009年08月26日 UAEアブダビでNAS電池システム300MWを受注

ここから本文です。

2009年08月26日
日本ガイシ株式会社

UAEアブダビでNAS電池システム300MWを受注

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)はアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ水利電力庁(ADWEA)からNAS(ナトリウム硫黄)電池システム300MW(メガワット)と中央監視制御システムを受注しました。大規模なNAS電池ステーションにより電力負荷を平準化することで、発電時の燃料消費量を減らし、CO2排出量の削減を実現します。今回受注した中央監視制御システムはアブダビ水利電力庁の中央給電指令装置と融合されて、電力系統の安定化と発電の効率化を図り、スマートグリッド(次世代送電網)の構築を目指すものです。

受注概要

納入場所
UAEアブダビ水利電力庁の変電所と蓄電池ステーション(新設)
出力合計
定格300MW (20MW×10カ所、50MW×2カ所)
用途
NAS電池の持つ多機能を活用して以下の用途に使用されます。
  1. 電力負荷平準(ピークカット)によるガスタービン発電機の効率運転(図3参照)
    NAS電池は大容量の電力を貯蔵できるため、電力需要が少ない時に充電し、多い時に放電することで電力負荷を平準化し、ガスタービン発電機を最も効率の良い定格出力で連続運転します。発電機の効率を上げることで、燃料の消費量とCO2の排出量を削減することができます。
  2. 中央監視制御による電力の需給調整(図4参照)
    NAS電池の即答性を利用して、中央監視制御システムで蓄電池ステーションのNAS電池を制御することにより、送配電システム全体の需給調整と電圧・無効電力制御を行うことができます。
  3. 非常用電源
    蓄えている電力を即時に供給できるため、非常用電源としても利用できます。
受注金額
約650億円
納入時期
納入開始 2009年末、納入完了 2014年(予定)

世界最大の政府系ファンドを有するアブダビ首長国は、石油収入による豊富な資金力を背景に、将来を見据えたインフラ整備や新産業振興への投資を活発化させています。特に、エネルギー・発電分野では、主力の天然ガス発電の効率的運用や原子力発電の導入、大規模太陽光など自然エネルギー発電の拡大に積極的に投資し、化石燃料依存からの転換を目指しています。コンサルタントであるドイツの電力会社のアドバイスにより、アブダビ水利電力庁の中央給電指令装置と当社の中央監視制御システムが融合されて、効率的に電力需給両面から運用、管理されることになり、アブダビでのスマートグリッドを目指すものです。

今後、アブダビと同様な用途で中近東諸国や欧州、米国でもNAS電池による大規模な蓄電池ステーションの導入が検討されています。今回の受注を足がかりに、それぞれの送変電系統の安定化ニーズに最適なNAS電池システムを提案し、海外向けの販売活動をさらに推進していきます。

添付資料

図1:UAEアブダビ首長国の位置

図1:UAEアブダビ首長国の位置

図2:NAS電池の外観写真

図2:NAS電池の外観写真(国内設置1500kWシステム)

(国内設置1500kWシステム)

図3:ガスタービン発電の効率運転によるCO2排出量の削減

図3:ガスタービン発電の効率運転によるCO2排出量の削減

図4:中央監視制御システム(アブダビでのスマートグリッド)の概要

図4:中央監視制御システム(アブダビでのスマートグリッド)の概要

以上

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社