日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2005年>
  4. 2005年03月22日

ここから本文です。

2005年03月22日
日本ガイシ株式会社

愛知県内初のPFI方式によるごみ処理施設が完成

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)など民間企業5社が建設を進めてきた、愛知県田原市と渥美町による県内初のPFI(Private Finance Initiative:民間資金を活用した社会資本整備)事業である「田原リサイクルセンター『炭生館(たんせいかん)』」が完成し、3月25日に現地で竣工式を行います。

田原リサイクルセンター「炭生館」は、田原市と渥美町から排出される一般廃棄物を流動床式炭化システムで処理して炭化物を製造する施設で、両市町が県内で初めてPFI方式を導入して実施する「(仮称)新リサイクルセンター整備等事業」として建設を進めてきたものです。

当社を代表とする民間企業5社が出資する特別目的会社(SPC:Special Purpose Company)「グリーンサイトジャパン株式会社」が資金調達、設計・施工、運営・維持管理、炭化物販売までの一連の事業を実施します。事業方式は BOT(Build Operate Transfer)方式で、同社がリサイクルセンターを建設し、15年間所有、運営、維持管理した後、両市町に所有権を有償で移管します。

2002年12月に田原市と事業契約を締結し、2003年10月に着工、本年1月から両市町の一般可燃ごみで試運転を行ってきました。3月25日に現地で竣工式を行い、4月1日から稼働を開始、2020年3月まで同社が運営する予定です。

田原リサイクルセンター「炭生館」の概要

1)所在地
愛知県田原市緑が浜二号2番地91(敷地面積:11,700m2
2)処理対象物
田原市と渥美町から排出される一般可燃ごみ、一般可燃性粗大ごみ
3)処理方式と特長
流動床式炭化システム
  • 高品質の炭化物製造が可能
  • 炭化物組成(可燃物)の調整が可能
  • 設備がコンパクト
  • 炭化炉内に駆動部がなく、維持管理が容易
  • 設備の起動や停止が安全かつ容易
4)処理能力
60トン/日(30トン/日×2系)
5)処理予定量
約16,000トン/年
6)製造炭化物
製造予定量: 約1,200トン/年
用途: 電気炉製鋼用のコークス燃料代替品、保温材代替品として販売
7)事業規模
約100億円

愛称「炭生館」とキャラクター「たんせい君」について

PFI方式による日本のごみ処理事業の先駆けとなる田原リサイクルセンターを多くの方々に認知していただくために、愛称とマスコットキャラクターを全国から公募しました。その結果、愛称はごみから炭が生まれる建物(館)と丹精(たんせい)を込めて炭をつくることを意味する「炭生館(たんせいかん)」に、キャラクターはごみから炭をつくる資源リサイクルを意味する矢印と田原市がエコ・エネルギーとして導入を推進している風力発電の風車をイメージした「たんせい君」に決定しました。

グリーンサイトジャパン株式会社の概要

1)設立
2002年8月
2)資本金
4億円
3)出資者
日本ガイシ株式会社
大成建設株式会社(社長:葉山莞児、本社:東京都新宿区)
UFJセントラルリース株式会社(社長:田中一好、本社:名古屋市)
株式会社テクノ中部(社長:伊藤賛治、本社:名古屋市)
中部鋼鈑株式会社(社長:成田健一郎、本社:名古屋市)
4)所在地
愛知県田原市緑が浜二号2番地91
5)代表取締役
宮崎芳明
6)事業内容
リサイクルセンターの設計・施工、運営・維持管理、炭化物の販売
7)共同事業者の役割分担
各企業のノウハウを結集したコンソーシアムを形成し、グリーンサイトジャパンに共同出資するとともに、以下の業務を同社から受託して遂行します。
・日本ガイシ プラント設備の設計・施工、施設の運営・維持管理
・大成建設 建築設備の設計・施工、施設の運営・維持管理
・UFJセントラルリース ファイナンシャルアドバイス、経理事務
・テクノ中部 環境アセスメント、測定分析
・中部鋼鈑 炭化物の利用、回収された金属類のリサイクル

グリーンサイトジャパン株式会社の概要

  • 公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法。国や地方公共団体等が直接実施するよりも効率的かつ効果的に公共サービスを提供できる事業について、国や地方公共団体の事業コストの削減、より質の高い公共サービスの提供を目指すものです。
  • 日本では、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)」が1999年7月に制定され、2000年3月にPFIの理念とその実現のための方法を示す「基本方針」が、民間資金等活用事業推進委員会(PFI推進委員会)での審議を経て、内閣総理大臣によって策定され、PFI事業の枠組みが設けられました。
田原リサイクルセンター「炭生館」の外観

田原リサイクルセンター「炭生館」の外観

田原リサイクルセンター「炭生館」の場所

田原リサイクルセンター「炭生館」の場所
(クリックすると拡大します。)

田原リサイクルセンター「炭生館」のキャラクター「たんせい君」

田原リサイクルセンター「炭生館」の
キャラクター「たんせい君」

流動床式炭化システムの概要

流動床式炭化システムの概要
(クリックすると拡大します。)

以上

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社