日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 2004年>
  4. 2004年04月20日

ここから本文です。

2004年04月20日
日本ガイシ株式会社
エヌジーケイ・プリンターセラミックス株式会社

製造子会社における土壌・地下水の調査結果と対策について

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市瑞穂区)は自社の環境基本方針に基づいて、自主的に事業所敷地内の土壌と地下水の調査を実施した結果、電子部品の製造子会社であるエヌジーケイ・プリンターセラミックス株式会社(社長:森 隆之、本社:愛知県小牧市)の敷地内で環境基準値を上回る汚染物質が検出されたため、4月19日に愛知県と小牧市へ届け出るとともに、対策を開始しました。

1.調査場所

1. 事業所名
エヌジーケイ・プリンターセラミックス株式会社(日本ガイシ100%出資)
2. 所在地
愛知県小牧市大字下末字五反田434番地の3(案内図添付)
3. 敷地面積
35,469m2
4. 従業員数
約260人
5. 事業内容
電子工業用セラミックスの製造

2.調査方法

1. 予備調査
土壌ガス分析(2003年6〜7月に実施)
2. 詳細調査
ボーリングによる土壌調査(13カ所)、井戸による地下水の水質分析(8カ所)、地質調査(2003年7月〜2004年3月に実施)

3.調査結果

1. 溶剤回収装置跡地付近
土壌と地下水から環境基準値を上回る揮発性有機塩素化合物が検出されました。
2. 敷地境界付近
地下水から環境基準値を上回る揮発性有機塩素化合物が検出されました。
検出物質 環境基準値
(mg/L)
溶剤回収装置跡地 敷地境界
土壌
(mg/L)
土壌
(mg/L)
土壌
(mg/L)
土壌
(mg/L)
使用物質 トリクロロエチレン 0.03 0.089
(3倍)
0.32
(11倍)
基準以下 0.16
(5倍)
テトラクロロエチレン 0.01 0.16
(16倍)
0.23
(23倍)
基準以下 0.072
(7倍)
分解物質 シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04 0.11
(2.8倍)
0.63
(16倍)
基準以下 0.66
(17倍)
1,1-ジクロロエチレン 0.02 0.03
(1.5倍)
基準以下 基準以下 基準以下
1,2-ジクロロエタン 0.004 基準以下 0.037
(9倍)
基準以下 0.044
(11倍)

調査分析値(最大検出値)(カッコ内は環境基準値との比較)
)1,2-ジクロロエタンは使用実績がないため、検出された原因を調査中
・土壌環境基準超過地点は23カ所の内6カ所
・地下水環境基準超過地点は20カ所の内10カ所

4.汚染原因(推定)

当事業所ではかつてセラミックパッケージを製造しており、原料のセラミック粉末を調合する工程で揮発性有機塩素化合物の溶剤を使用していました。そのうちの揮発したガスを溶剤回収装置で回収していましたが、その装置の一部であるコンクリート製集水ピットの亀裂から徐々に染み出した有機溶剤が土壌に残留していたことが原因と推定されます。

5.概略経緯

1986〜 98年 セラミックパッケージの原料調合工程で、溶剤としてトリクロロエチレン、テトラクロロエチレンを使用。揮発したガスは溶剤回収装置で回収
1998年 9月 セラミックパッケージの製造中止に伴い、溶剤回収装置を廃却
2001年 2月 工場整備に伴い、溶剤回収装置の集水ピットと側溝を撤去
2003年 6月 土壌汚染対策法の施行(03年2月)に伴い、自主的に土壌調査に着手
6〜7月 予備調査として土壌ガス分析を実施。汚染が認められたため詳細調査に着手
2004年 3月 調査・分析終了。土壌と地下水の汚染が判明。対策を検討・立案
3月 愛知県と小牧市に調査結果と対策を届出

6.対策の概要

まず応急対策として、敷地外への汚染地下水の流出を防止するための対策に着手しました。次に恒久対策として、敷地内の土壌と地下水の浄化を実施します。

1. 応急対策
地下水の下流側の敷地境界にバリア井戸(5カ所、計8本)を設置、地下水を汲み上げることで汚染の流出を防止するとともに、汚染地下水を除去し、適切な排水処理を行います(3月から着手)。
2. 恒久対策
汚染された土壌の浅部についてはガス吸引により、深部については有機塩素化合物の分解を促進する酸化剤(過酸化水素水)を注入しながら揚水曝気法により浄化を行い、排ガスは活性炭で吸着処理します(4月から着手)。浄化対策のモニタリング結果については、定期的に報告します。
3. 再発防止対策
1998年9月にトリクロロエチレンとテトラクロロエチレンの使用を全廃しています。

7.健康への影響

井戸水を日常的に飲用していなければ、問題ないものと考えています。

8.近隣への説明

4月20日(火)に近隣の地区代表者や事業所に概要を説明します。

4月28日(水)19時から小牧勤労センター(小牧市大字上末)で説明会を開催します。

<添付資料>

以上

12時間ルールについて

当ページに掲載されている情報につきましては、証券取引法に定められた「重要事実」が含まれている可能性があります。情報の公開から12時間以内に当社の株式などを売買された場合には、インサイダー取引規制に定められた「第一次情報受領者」として、証券取引法の規定、いわゆる「12時間ルール」に抵触する恐れがありますのでご留意ください。


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社