日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. ニュース>
  3. 1996年>
  4. 1996年10月16日

ここから本文です。

1996年10月16日

電力事業部門でISO9000の認証取得

日本ガイシ株式会社(社長:柴田昌治、本社:名古屋市)は、笏z電用がいし及び配電用機材繧フ設計、開発、製造に関するISO(国際標準化機構)9001規格認証と、笂d力用機器装置及びポリマーがいし繧フ設計、開発、製造、据え付けに関するISO9001規格認証とを取得し、それぞれ8月21日、9月26日に認定書を受理しました。

今回の取得により、日本ガイシの電力事業本部では、主要な製造品目のISO規格認証の取得を完了しました。

電力事業本部では各事業系列と、関連グループ会社の一層の体質強化と、ユーザーとメーカーとの相互信頼を一層高めることを目的として、国内外のグループ会社も含めたISOの規格認証取得を積極的に推進してきました。これまでに、'93年12月には笂d力用がいし及び架線金具ISO9001)を取得、次いで、明知碍子(株)で笏z電用がいし'95年6月、ISO9002)、エナジーサポート(株)で笏z電用機材及び浴用循環装置緕('96年4月、ISO9001)を取得した他、欧、米のがいし生産会社でも既にISO規格認証を取得しています。

今後は、インドネシアの配電用がいし生産会社と、米国のポリマーがいし生産会社では'96年末の認証取得を、中国の超高圧送電用懸垂がいし生産会社では'98年10月の認証取得を目指しています。

<添付資料>

配電用がいし、配電機材(耐雷ホーン)

配電用がいし、配電機材(耐雷ホーン)

配電用がいし(写真中央の白い部分)と、
配電用機材(耐雷ホーン:写真右側の黒い部分)

・耐雷ホーン
酸化亜鉛素子(半導体セラミックスの一種)の避雷機能を利用し、配電線への落雷による瞬時停電や断線を防止します。'82年から出荷を開始、現在までに600万個を超える納入実績があります。

配電用機材(耐雷PC)

配電用機材(耐雷PC)

配電用機材(耐雷PC)

・耐雷PC(Primary Cutout)
配電線の柱上変圧器の保護用カットアウト(ヒューズを内蔵)に酸化亜鉛素子の避雷機能を組み込み、落雷から柱上変圧器やカットアウト自身を保護する装置です。
'87年から出荷を開始、現在までに150万個を超える納入実績があります。

電力用機器装置(がいし洗浄装置)

電力用機器装置(がいし洗浄装置)

電力用機器装置(がいし洗浄装置)

・がいし洗浄装置
臨海地帯の発変電所などで、塩分や塵埃が竄ェいし繧ノ付着して湿潤すると、がいしの表面に電気が流れやすくなり、閃絡(せんらく)事故につながる場合があります。これを防止するためがいしに付着した塩分などを通電状態のまま、水で洗浄する装置です。
'63年から出荷を開始、現在までに国内外の800個所を超える発変電所に納入実績があります。

ポリマーがいし

配電用がいし、配電機材(耐雷ホーン)

ポリマーがいし

・ポリマーがいし
FRP(繊維強化プラスチック)製の棒をコアとし、周囲にゴム製の笠を成形したがいし。計量で耐射撃性に優れ、米国での需要が増えています。日本ガイシでも米国ヴァージニア州に製造会社を設立、本年4月より本格的な商業生産を行っています。

以上


「ニュース」内メニューです。

ニュース


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社