日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. 沿革

ここから本文です。

沿革|〜1969年

  • 新しいウインドウでお問い合わせフォームを開きます

日本ガイシ90年のあゆみ

〜1969年

熱田新工場

熱田新工場

建設中の知多工場

建設中の知多工場

小牧工場

小牧工場

1919 日本陶器のがいし部門を分離し、「日本碍子」を設立
1929 100万ボルト級の高電圧電気試験設備完成
1931 化学工業用耐酸機器類の製造販売を開始
1934 名古屋市に散気板を納入、下水処理用曝気装置に使用される
1936 スパークプラグ部門を分離し、「日本特殊陶業」を設立
1942 愛知県半田市に「知多工場」竣工
1958 ベリリウム銅の製造販売を開始
1962 愛知県小牧市に「小牧工場」竣工
1963 「超高圧研究所」(現、電力技術研究所)竣工
1965 アメリカに「NGK INSULATORS OF AMERICA, LTD.」(現、NGK-LOCKE, INC.)を設立
1967 兵庫県尼崎市に上水汚泥脱水装置、大阪府堺市に下水汚泥脱水装置を納入
1968 カナダに「NGK INSULATORS OF CANADA, LTD.」を設立

エピソード: アメリカから持ち帰った破片

1905年(明治38年)アメリカから持ち帰られたがいしの破片

1905年(明治38年)
アメリカから持ち帰られたがいしの破片

「営利のためではなく、国家への奉仕としてやらねばならない。」

1905年(明治38年)、アメリカから持ち帰られた小さながいしの破片が、私たちを「特別高圧がいしの国産化」という大きな決意へ導くものになりました。

がいし国産化を決意した当時の意志は、「よりよい社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」という私たちの企業理念に、今も脈々と息づいています。がいしで培ったセラミック技術とこの理念を基に、人に、社会に、地球に、さらに新しい価値を創造するために…私たちの技術は未来へと永遠に続きます。


「企業情報」内メニューです。

企業情報


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社