日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. 企業情報>
  3. CM・広告ギャラリー>
  4. 交通広告>
  5. 2012年09月24日

ここから本文です。

CM・広告ギャラリー|交通広告

  • 新しいウインドウでお問い合わせフォームを開きます

2012年シリーズ

すすめセラミックス

広告ストーリー

総合編

  1. 1.

    セラりんと黒衣くんのくらしを支える 日本ガイシ

  2. 2.

    電気を安定して送るセラミックス「がいし」

  3. 3.

    クルマの排ガスをキレイにするセラミックス「ハニセラム」

  1. 4.

    おいしい水をつくるセラミック浄水機「C1(シーワン)」

  2. 5.

    すすめセラミックス。

  3. 6.

    日本ガイシ。

セラりんと黒衣くんのすごいね ナノセラミック膜

セラりん 好奇心旺盛で、とってもやんちゃ。日本ガイシの技術に興味しんしんで、みんなにそのすごさを伝えたい女の子。
黒衣(くろこ)くん 1995年に、日本ガイシの企業広告で初登場。以来、日本ガイシをPRし続け、いまや日本ガイシマニア。
  • がいしって何かと思ったら、そういえば見たことあったよ!
  • 電気を安定して送るために、電線と鉄塔の間に必ずついてるからね。
  • 陰ながら、みんなを支えてるなんてカッコイイ!
  • まぁね。しかも、日本だけじゃなくて世界100カ国以上で採用されているんだ。
  • モテモテだね!
  • 世界最高100万ボルト級の送電にも対応できるのは、世界最大規模の試験設備を持っていて、技術を磨き続けているからなんだ。
  • さすが、社名に「ガイシ」がつくだけあるね!
  • 1919年から100年近く、がいしをつくっている会社だもの。日本ガイシは、世界No.1のがいしメーカーなんだ!
  • ところで、日本ガイシの「ガイシ」は片仮名で、製品名の「がいし」は平仮名なのはなんで?
  • えっと、それは、う~ん…。ちょっと広報室に聞いてくる…。

ページの先頭へ

セラりんと黒衣くんのすごいね ハニセラム

セラりん 好奇心旺盛で、とってもやんちゃ。日本ガイシの技術に興味しんしんで、みんなにそのすごさを伝えたい女の子。
黒衣(くろこ)くん 1995年に、日本ガイシの企業広告で初登場。以来、日本ガイシをPRし続け、いまや日本ガイシマニア。
  • ねえ、どうしてハニセラムっていう名前になったの?
  • ハチの巣という意味の「ハニカム」と「セラミックス」を組み合わせてハニセラムなんだ。
  • さすが黒衣くん、詳しいね!クルマの中で排ガスをキレイにしてるのよね。
  • そう。エンジンとマフラーの間にある装置に搭載されているんだ。ところで、四角形や六角形に仕切ってるハニセラムの壁、すごく薄いでしょ?
  • 0.05ミリ!ティッシュ1枚分の薄さなんでしょ!CMでしゃべったから知ってるもん。
  • それは失礼。薄くなるほど、排ガスがすんなり通るから、エンジン出力や燃費が悪くなりにくいんだよ。
  • あれっ?キレイな空気にできるんじゃないの?
  • おっ、するどい!排ガスをキレイにするためには壁をあたためなきゃならないんだ。薄ければ早くあったまるでしょ。
  • ん~、黒衣くんは影が超薄いけどね。
  • セラりん…。ボクは、裏方キャラなんだから仕方ないでしょ!

ページの先頭へ

セラりんと黒衣くんのすごいね ナノセラミック膜

セラりん 好奇心旺盛で、とってもやんちゃ。日本ガイシの技術に興味しんしんで、みんなにそのすごさを伝えたい女の子。
黒衣(くろこ)くん 1995年に、日本ガイシの企業広告で初登場。以来、日本ガイシをPRし続け、いまや日本ガイシマニア。
  • ナノセラミック膜の「ナノ」って、どれくらいの小ささナノ?
  • いきなりダジャレだね、セラりん…。ナノは10億分の1だよ。
  • えっと、1/1,000,000,000 0が9個も!ちっちゃ~い。
  • だから普通の顕微鏡で拡大しても見えない小ささの分子を分離できちゃうんだ。省エネなどのエコに役立つ技術なんだよ。
  • やるねぇ、日本ガイシ!
  • このナノセラミック膜、何に使われているセラミックスの進化版だと思う?
  • 浄水器!CMで抱っこしたもん。
  • そう!もともとは飲み物や薬などをつくる、幅広い分野で使われている日本ガイシのファインセラミック技術なんだよ。
  • セラミックスって、意外に身近なところで活躍してるのね。
  • いやぁ、それほどでも…って、ボクのことじゃないか…

ページの先頭へ


「企業情報」内メニューです。

企業情報


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社