日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. 価値創造の源泉

ここから本文です。

価値創造の源泉

  • お問い合わせ
  • 価値創造の歩み
  • 日本ガイシの技術・製品

1919年「特別高圧ガイシの国産化」を目指して誕生

一片の米国製ガイシ

日本ガイシは創立以来、セラミックスの可能性を追求し、世界のニーズに応える価値を創造してきました

日本に電気が普及し始めた明治後期。輸入に頼っていた特別高圧ガイシを国産化し、国家の発展を支えなければならないー。そんな使命から、一片の米国製ガイシを手掛かりに、高電圧に耐えるガイシの研究開発が始められました。

一片の米国製ガイシ

これが発端となって日本ガイシが設立され、暮らしや産業の発展に伴う電力の需要増大に応え、超高圧・超高強度ガイシを次々と開発してきました。 創立後間もなく化学工業用耐酸機器の開発に着手し、1931年に製造販売を開始。1935年にはインドへ送電用ガイシを初めて輸出するなど、事業の多角化とグローバル化にも積極的に取り組み、独自のセラミック技術を核に、社会の基盤を支え、環境保全に役立つ製品を開発、提供し続けてきました。
創立の精神は「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する。」という現在の企業理念に脈々と息づいています。

1950年代〜 戦後・高度成長期

高度経済成長期、日本ガイシは事業の多角化と拡大を積極的に進めます。1958年にベリリウム銅合金の製造販売を開始。1942年に竣工した知多工場(愛知県半田市)に続き、1962年には小牧工場(愛知県小牧市)が竣工。1965年には初の海外販売会社を米国に設立しました。

1970年代〜 オイルショックからバブル景気まで

1973年のオイルショックにより日本経済も大きく混乱しました。日本ガイシは事業のグローバル化を図るため、1973年に米国で、1977年にベルギーでガイシの現地生産を開始。1976年には自動車排ガス浄化用触媒担体ハニセラム®の製造販売を開始しました。

1990年代〜 持続性と多様性の実現

環境貢献製品の開発・生産が本格化します。1989年にディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)、1996年に半導体製造装置用セラミックスと自動車排ガス用NOxセンサーの生産を開始。1984年から研究を始めた電力貯蔵用NAS®電池は、2002年に事業化し、翌年から世界で初めて量産を開始しました。

2010年代〜 よりよい未来へ向けて

自動車排ガス浄化用セラミックスの生産が急拡大し、NAS電池も国内外で納入が進むとともに、ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)や電子デバイス用ウエハー、サブナノセラミック膜、波長制御乾燥システムなど、さまざまな分野で社会のニーズに応える新製品が次々と生まれています。

日本ガイシグループは、研究開発を重要な経営課題のひとつとし、ファインセラミックスを中心とした材料技術とプロセス技術とをベースに、高付加価値、高機能な新製品の提供を目指し、研究開発に積極的に取り組んでいます。

売上高に占める新製品の比率を2017年度に30%まで引き上げる「2017 Challenge 30」を全社目標に掲げて新製品・新規事業の創出に取り組んでおり、目標達成に向けて着実に進捗しています。

セラミック分野で培った当社独自の異種材接合技術や結晶育成技術、単結晶基板の薄板加工技術を駆使し、さまざまな高性能なウエハーを開発しています。

固体酸化物形燃料電池やチップ型セラミックス二次電池、亜鉛二次電池などの新製品については、生産技術開発、設備開発の促進、顧客開拓の強化による事業化加速を目的として2016年4月、製造技術本部・研究開発本部・事業部・本社部門からなるセラミックス電池プロジェクトを発足。全社を挙げて早期市場投入を進めています。

固体酸化物形燃料電池(SOFC)モジュール

全てにセラミックスを採用した独自の設計により、コンパクトで、高い発電効率と耐久性を両立。次世代燃料電池システム向け。

固体酸化物形燃料電池(SOFC)モジュール

亜鉛二次電池

独自開発の水酸化物イオン伝導性セラミックスにより高容量、長寿命を実現。安全性が高く、設置場所の自由度が高いので家庭用や屋内設置に適した蓄電池。

亜鉛二次電池

チップ型セラミックス二次電池

超薄型(薄さ0.2mm)で高エネルギー密度。120℃の高温下でも使用できる全固体電池。ウエアラブルデバイスやIoT無線モジュール用に。

チップ型セラミックス二次電池


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社