日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. CSR活動の目標と実績

ここから本文です。

CSR活動の目標と実績

  • お問い合わせ

*評価の基準:○ 目標達成 △ 目標の80%以上を達成 × 目標の達成率は80%未満

より良い社会環境に資する商品の提供

地球環境保全に貢献する製品・サービスの開発、提供

自動車関連製品の市場動向に対応し計画的に生産体制を強化(日本ガイシグループ) 自動車関連製品の需要拡大に対応し生産体制をグローバルに増強(日本ガイシグループ) 環境貢献製品売上高伸び率2020年度60%以上(2013年度比)
・NAS電池(再生可能エネルギー普及)
・DPF,ハニセラム,Noxセンサー(自動車の排ガス浄化)
・低レベル放射性廃棄物処理装置 (日本ガイシグループ)

より高品質な製品・サービスの実現
安全・安心を実現する製品・サービスの開発、提供

設計検証と信頼性評価を徹底し、重大な市場クレーム0。製造条件の最適化と標準化で、不良コストを削減 (日本ガイシグループ) 重大な市場クレームは9割以上の部門で達成する一方、不良コストは約半数の部門が削減未達となった(日本ガイシグループ) 変更点・変化点における検証を徹底し、設計と製造に潜むリスクを排除する (日本ガイシグループ)

企業情報の開示

企業情報発信の充実

公平、公正な情報の適時、適切な開示の継続・強化(日本ガイシグループ) 公平、公正な情報の適時、適切な開示の継続(日本ガイシグループ) 公平、公正な情報の適時、適切な開示の継続・強化(日本ガイシグループ)

財務報告に係る内部統制のスパイラルアップ

監査指摘を受けた項目の削減と確実な改善(日本ガイシグループ) 監査指摘項目は年度内にすべて改善(日本ガイシグループ) 監査指摘を受けた項目の確実な改善(日本ガイシグループ)
前年度までの評価実績が良好なプロセスを対象に評価と監査を効率化(日本ガイシグループ) 前年度までの評価実績が良好なプロセスを対象に評価と監査を効率化(日本ガイシグループ 前年度までの評価実績が良好なプロセスを対象に評価と監査を効率化(日本ガイシグループ)

コンプライアンスの徹底、リスクマネジメント

NGKグループ企業行動指針の徹底、教育の実施

引き続き「NGKグループ企業行動指針」と「行動ガイドライン」を周知・徹底(日本ガイシグループ) キャリア教育などで周知徹底するとともに、企業行動指針をまとめた啓発用ペーパーを作成し、全従業員に配布(日本ガイシグループ) 引き続き「NGKグループ企業行動指針」と「行動ガイドライン」を周知・徹底(日本ガイシグループ)

リスクマネジメント体制の強化

全社のリスク対策状況をCSR委員会で定期的にフォロー(日本ガイシグループ) CSR委員会を3回開催し、リスク対応状況をフォロー(日本ガイシグループ) 全社のリスク対策状況をCSR委員会で定期的にフォロー(日本ガイシグループ)
CSAアンケートを実施(日本ガイシ) 日本ガイシの執行役員・常勤監査役を含む1703名を対象とするCSAアンケートを実施(日本ガイシ) 国内グループ会社の役員・管理職を対象とするCSAアンケートを実施(日本ガイシグループ)

知的財産の尊重・保護

管理層向け啓発プログラムを実施(日本ガイシ) 社外の専門家を講師に招き、管理層向けの啓発プログラムを実施し、約100名が参加(日本ガイシ) 管理層向け啓発プログラムを実施(日本ガイシ)
若手技術者を対象にした対話形式の少人数セミナーを継続実施(日本ガイシ) 対話形式の少人数セミナーを、研究開発部門や事業部門の若手技術者を中心に5回実施。計62名が受講(日本ガイシ)
特許の基礎を学ぶe-ラーニングを実施。136名が受講(日本ガイシ)
若手技術者を対象にした対話形式の少人数セミナーを継続実施
特許の基礎を学ぶe-ラーニングの実施(日本ガイシ)

情報セキュリティの構築、レベルアップ

2016年1月にサポート終了となるInternet Explorerのバージョンアップ対応をグループ全社で完了 (日本ガイシグループ) セキュリティー対策およびソフトウェア管理の状況について海外グループ会社4社をフォロー。対策不十分のグループ会社は個別指導を実施(日本ガイシグループ) セキュリティー対策の継続フォローとソフトウエアライセンス管理の強化 (日本ガイシグループ)

独占禁止法・下請法などの取引関連法規の順守

競争法遵守プログラムの浸透の確実な実施(日本ガイシグループ) 全てのグループ会社の「競争法遵守規定」を改定し、国際水準に見合う遵守体制を整備。 グローバルコンプライアンス室を設置し、体制を強化(日本ガイシグループ)
海外グループ会社に対する教育を大幅に拡充。26社に対して教育を実施(日本ガイシグループ)

競争法ハンドブックを改定。日本ガイシおよび国内グループ会社へ配布するとともに、事業本部会等で内容を周知(日本ガイシグループ)
E-learning 導入による教育拡充(日本ガイシおよび国内グループ会社)
競争法遵守ハンドブック海外版作成(米国、中国用)
コンプライアンスカードの改定(日本ガイシおよび国内グループ会社)
グループ会社の電子メールアーカイブ開始(国内および米国)

腐敗防止への取り組み

外国公務員贈賄規制教育の実施
(日本ガイシグループ)
贈賄防止に関する倫理基準を定めた社内規定を制定(日本ガイシグループ)
海外赴任者研修の一環として外国公務員贈賄規制教育を実施(日本ガイシグループ)
海外グループ会社で贈賄規制教育を実施(日本ガイシグループ)
外国公務員贈賄防止規定の運用開始
(日本ガイシグループ)
外国公務員贈賄防止に関する教育実施
(日本ガイシグループ)

輸出入関連法規の順守

輸出入ハンドブックの周知徹底(日本ガイシ) 社内各部門の実務担当者を対象に、輸出入ハンドブックの趣旨を啓発する教育を17回を実施。約350名が受講(日本ガイシ) 輸出入ハンドブックの周知徹底(日本ガイシ)

人間性の尊重、快適な職場環境の確保

安全・快適な職場環境の維持、レベルアップ

事故未然防止のための安全教育に注力(日本ガイシ) 個別の安全教育、安全意識向上、異常時の行動訓練に取り組み(日本ガイシ) 事故未然防止のための安全教育に注力(日本ガイシ)
5S職場認定を維持する活動を全社で継続展開(日本ガイシ) 全社で展開し、優秀事例を水平展開(日本ガイシ) 5S職場認定を維持する活動を全社で継続展開(日本ガイシ)
長時間労働者の健康管理を継続実施(日本ガイシ) 継続実施。226人が受診(日本ガイシ) 長時間労働者の健康管理を継続実施(日本ガイシ)

グループとしての人材開発、人材育成

人材に応じた有効性の高い教育の企画(日本ガイシ) 約120種のプログラムで機能的な教育を推進(日本ガイシ) 人材に応じた有効性の高い教育の企画(日本ガイシ)
「現場力の強化」を図る研修を計画的に進行(日本ガイシグループ) 社内インストラクターが現場力強化研修の講師を務め、自身の経験を生かした指導を実践(日本ガイシグループ) 「現場力の強化」を図る研修を計画的に進行(日本ガイシグループ)
語学研修を継続実施(目標=新入社員の8割がTOEIC600点以上)(日本ガイシ) 新入社員の8割以上がTOEIC600点以上を達成(日本ガイシ) 語学研修を継続実施(目標=新入社員の8割がTOEIC600点以上)(日本ガイシ)

多様な人材活用の実現

法定雇用率2.0%以上を維持(日本ガイシ) 障害者雇用率2.18%を達成(日本ガイシ) 法定雇用率2.0%以上を維持(日本ガイシ)
「総合職転換制度」の利用促進を継続実施
新卒女性採用比率の拡大(日本ガイシ)
10名が総合職に転換
大卒新卒採用に占める女性比率40.3%(昨年度23.7%)(日本ガイシ)
女性社員のキャリア意識を高めるとともに潜在能力を引き出す
新卒女性採用比率の拡大と配属先の多様化
(日本ガイシ)

職場と家庭、子育ての両立支援

労働組合とともに長時間労働是正を推進(日本ガイシ) 労働組合とともに時間外労働が増加する原因と対応策を検討・実施した結果、3年連続年6日以上の休暇取得率99%、平均取得日数5年以上連続10日以上を達成、取得率5年以上連続6割超を達成(日本ガイシ) 労働組合とともに長時間労働是正を推進(日本ガイシ)
子育て支援策の拡充と利用拡大(日本ガイシ) 育児休職制度を39人が利用(女性29人男性10人)。また、育児期間中の短時間勤務制度は53人が利用(日本ガイシ) 子育て支援策の拡充と利用拡大(日本ガイシ)

公正・公平な調達パートナー評価とリソースの複数化徹底

公正・公平な調達パートナー評価とリソースの複数化徹底

新規取引先、重要取引先を重点に評価(全取引先社数の約1割)を実施 (日本ガイシ) 新規の取引先13社と既存の取引先90社の計103社(全取引先社数の約1割)を訪問、評価(日本ガイシ) 新規取引先、重要取引先を重点に評価(全取引先社数の約1割)を実施
(日本ガイシ)
各調達先との取引関係の中で、個別にBCP対応を協議 (日本ガイシ) 各調達先との取引関係の中で、個別にBCP対応を実施(日本ガイシ) 各調達先との取引関係の中で、個別にBCP対応を協議 (日本ガイシ)

CSR調達の推進

取引先に対して、再度、理解・同意を求め、活動の継続性を維持
(日本ガイシグループ)
取引先から同意書を入手(日本ガイシグループ) 取引先に対して、再度、理解・同意を求め、活動の継続性を維持 (日本ガイシグループ)

地球環境の保全

地球温暖化防止

CO2排出量の抑制
<国内> CO2排出量:1990年度比10%削減(19.0万トン以下) 売上高原単位:2010年度比20%削減 <海外> 売上高原単位:2010年度比5%削減 (日本ガイシグループ)
<国内>
CO2排出量:1990年度比9.3%削減(19.1万トン)
売上高原単位:2010年度比27%削減
<海外>
売上高原単位:2010年度比34%削減
(日本ガイシグループ)
国内

海外
売上高原単位:2013年度比9%削減 (日本ガイシグループ)

環境に優しい生産プロセスの導入

海外拠点への革新プロセス技術の展開を推進(日本ガイシグループ) 日本ガイシで開発し海外拠点に設置した革新プロセスが量産体制に移行(日本ガイシグループ) 海外の新工場の稼動開始や、最新設備の増設・増産など、革新プロセスによる生産を増強
(日本ガイシグループ)
国内・海外のグループ会社の汎用設備の省エネ診断と対策を推進(日本ガイシグループ) グループ会社での自主的な省エネ対策推進に向け、省エネガイドラインと事例集を制作し、国内/海外グループ各社に配布(日本ガイシグループ)

資源循環の推進

排出物発生量の抑制
<国内> 売上高原単位:2010年度比10%削減 <海外> 売上高原単位:2010年度比5%削減 (日本ガイシグループ)
<国内>
売上高原単位:2010年度比19%削減
<海外>
売上高原単位:2010年度比40%削減
(日本ガイシグループ)
売上高原単位:2013年度比13%削減 (日本ガイシグループ)
各国の実情に合わせた再資源化の推進と管理の定着(日本ガイシグループ) <国内>
再資源化率99%以上を維持
<海外>
各拠点での分別管理が定着、適正範囲の再資源化率を設定
(日本ガイシグループ)
国内の再資源化率99%以上を維持・継続 (日本ガイシグループ)

グローバル環境管理の強化

海外グループ会社に注力し、課題を特定するとともに必要に応じて対応を検討(日本ガイシグループ) 海外グループ会社においてリスク管理強化が必要な拠点を特定し、課題を明確化(日本ガイシグループ) リスク管理が必要な拠点への支援、および規制値管理について従来の点から傾向管理へシフト
(日本ガイシグループ)

地域社会との協調、社会貢献活動の推進

留学生への奨学、生活支援

留学生支援事業を継続(日本ガイシ) 4カ国32人に宿舎を提供、 12カ国20人に奨学金を支給(日本ガイシ) 留学生支援事業を継続(日本ガイシ)
留学生が講師役を務める語学講座や異文化交流会を継続実施(日本ガイシ) 中国語の語学講座を20回、インド、カナダ、スウェーデン、トルコ、フランス、ベトナム、マレーシア、中国、韓国の留学生との異文化交流会を10回開催(日本ガイシ) 留学生が講師役を務める語学講座や異文化交流会を継続実施(日本ガイシ)
支援終了後も情報発信を継続(日本ガイシ) OB・OGを含む支援留学生約300人に年賀状を送付。また支援終了時に「NGKインターナショナルフレンドシップクラブ」のメンバーズカードを発行(日本ガイシ) 支援終了後も情報発信を継続(日本ガイシ)

地域社会・労組・NPOなどと協調した社会貢献活動

グループ各社の活動状況を把握し、各社の次の活動につながるような情報発信を継続(日本ガイシグループ) グループ各社の通信員から70件の社会貢献活動報告があり、一部を弊社Webサイトに掲載するなど、情報の共有化を実施(日本ガイシグループ) グループ各社の活動状況を把握し、各社の次の活動につながるような情報発信を継続(日本ガイシグループ)

従業員のボランティア活動に対する支援

従業員が気軽にボランティア活動ができる環境を継続整備(日本ガイシ) サイエンスボランティア、TABLE FOR TWO活動、マラソンボランティア、NGKエコポイント制度、森づくりボランティアなど、従業員が参加スタイルを選べるボランティアメニューを継続して提供(日本ガイシ) 従業員が気軽にボランティア活動ができる環境を継続整備(日本ガイシ)

ステークホルダーとのコミュニケーション

お客さま・調達パートナーとのコミュニケーション活動

主要取引先への業績説明会を継続開催(日本ガイシ) 主要取引先131社への業績説明会を開催(日本ガイシ) 主要取引先への業績説明会を継続開催(日本ガイシ)
取引先ヘルプラインを継続し運用 (日本ガイシ) 取引先ヘルプラインを継続実施(日本ガイシ) 取引先ヘルプラインを継続し運用(日本ガイシ)
新規取引先、重要取引先を重点に評価(全取引先社数の約1割)を実施(日本ガイシ) 新規の取引先13社と既存の取引先90社の計103社(全取引先社数の約1割)を訪問、評価(日本ガイシ) 新規取引先、重要取引先を重点に評価(全取引先社数の約1割)を実施(日本ガイシ)

工場見学・オープンハウスなどを通じた地域社会との交流

地域社会との交流を継続実施(日本ガイシ) 3事業所で6回の工場見学を通じて地域の方々と交流(日本ガイシ) 地域社会との交流を継続実施(日本ガイシ)
社外ステークホルダーとのコミュニケーション強化(日本ガイシ) 地域行政の方々を中心に意見交換(日本ガイシ) 社外ステークホルダーとのコミュニケーション強化(日本ガイシ)

CSRトークライブ(CSR実践に向けた従業員各層との対話)

日本ガイシおよび国内グループ会社従業員との双方向コミュニケーションイベントの継続開催(日本ガイシ・国内グループ各社) 「CSRトークライブ」を国内8会場で10回実施。388人が参加。(日本ガイシ・国内グループ各社) 日本ガイシおよび国内グループ会社従業員との双方向コミュニケーションイベントの継続開催(日本ガイシ・国内グループ各社)
「CSR-Web」の内容充実と従業員教育への利用(日本ガイシ・国内グループ各社) リアルタイムの情報発信の定着
社員教育への利用開始(日本ガイシ・国内グループ各社)
「CSR-Web」の内容充実と従業員教育への利用(日本ガイシ・国内グループ各社)

「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社