日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. リスクマネジメント>
  4. 基本的な考え方

ここから本文です。

リスクマネジメント

  • お問い合わせ

日本ガイシグループは、事業拡大に伴ってグローバル化・多様化するリスクを最小にとどめるため、リスクマネジメント体制のレベルアップに取り組んでいます。全社のリスク対策状況をCSR委員会で定期的にフォローするなど、事業活動に伴うリスクの管理に全力で取り組んでいます。

  • 基本的な考え方
  • リスクマネジメント体制
  • BCP(事業継続計画)への取り組み
  • 知的財産マネジメント

基本的な考え方

日本ガイシグループでは、「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」という企業理念の実現に向けて取り組む基本姿勢を「NGKグループ企業行動指針」として社内外に宣言しています。その中で、リスクマネジメントの実践を通じて、会社の資産や信用、第三者の権利を守ることを明記し、周知・徹底に取り組んでいます。

リスク分析と対応

日本ガイシグループでは、全社共通のリスクとしてコンプライアンス、情報、雇用・労働など6種類のリスクを想定しています。こうしたリスクについて、戦略会議や経営会議などにおける予算・計画の審議や実施決済の過程で総合的に検討・分析し、回避・予防に努めています。
また、風水害や震災など大規模な自然災害、大規模な交通災害などの緊急事態に対しては、重要業務を継続するためのBCP(事業継続計画)を策定し、中央防災対策本部とBCP対策本部が対応にあたります。

全社共通リスク

分類 リスク
1.コンプライアンス 法令違反・不適切な会計
個人による横領
贈収賄
知的財産の侵害
人権侵害・ハラスメント
地域とのトラブル
反社会的勢力への対応
2.情報 情報システムの不具合
機密情報漏洩・個人情報漏洩
不適切なSNS利用
分類 リスク
3.雇用・労働 労務トラブル
労働災害
交通事故
長時間労働・健康管理
未熟練者対応
4.事件・事故・災害 事件・事故
自然災害
5.環境 環境管理のトラブル
EMSの不備
6.製品安全 製品欠陥

「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社