日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. 第三者意見

ここから本文です。

第三者意見

写真:社会と企業研究所 所長 池田 耕一 氏立命館大学大学院経営管理研究科客員教授
池田 耕一 氏

 「NGKレポート2016」は、日本ガイシグループをいわば丸ごと、しかも、できるだけ分かりやすく報告しようとするチャレンジングなレポートです。財務情報と非財務情報(CSRなど)を統合的に報告する、いわゆる統合レポートに向けての第一歩といえましょう。

膨大な多種多様かつ多面的事実の中から何を選択し、そして、どのように報告するか、統合レポートには経営の基本的意思と実際の業務状況が色濃く反映されます。「NGKレポート2016」からは、社会における日本ガイシグループの存在意義と強みを明確に自覚して経営の基軸とし、その基軸のもと業務を遂行しつつ将来にわたる持続的成長を期している企業の姿がくっきりと浮かび上がってきます。

冒頭のトップコミットメントにおいて、「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」を企業理念とする日本ガイシグループとして、2016年度から始まった新たな環境行動5カ年計画では、大きな強みの一つであるセラミックスをはじめとする独自の多彩な技術を活かした「製品による環境社会貢献」を最重点項目として掲げ、環境貢献製品の開発・普及を積極的に推進することが力強く語られています。

これを受けて、「新環境行動5カ年計画(2016年~2020年)と環境貢献製品」の具体像が特集されています。注目されることは、企業理念に直結する「環境貢献製品の開発・普及」に計数目標を初めて設定したこと、また、環境負荷低減の主要テーマ(CO2と排出物の削減)について国内外共通の目標を設定するとともに連結での管理を明示したことです。「製品による環境貢献と環境に配慮したものづくり」をグローバルに実践していくことへの高い志といわば本気度を社内外に示すものであり、環境社会貢献と事業成長の具体的融合への信頼と期待が高まります。

また、「成長の原動力となるのは、やはり一人ひとりの社員」であるとして、それぞれの力と自主性を発揮できる企業を目指すとの実感あふれるトップコミットメントを受けて、「ESG Report2─社会─」で地に足を着けた多彩な活動が紹介されています。よりよい社会環境に資する製品・サービスの提供という使命を果たすための人材育成、安全な職場環境整備、そして、女性が働きやすい環境づくりなど、さまざまな取り組み状況が臨場感ある写真や簡潔な図表と当事者の生のコメントによって生き生きと伝わってくることは、「NGKレポート2016」の随所に見られる素晴らしい特長でもあります。

「NGKレポート2016」において、社会の求める統合レポートに向けての方向性と中心軸は確立されたといえましょう。今後より一層社会の理解と共感を得られるようにレポート項目の構成を練り上げていかれること、また、一部に見られる報告内容の粗密や濃淡を上位平準化していかれることを心から期待しています。

ご意見をいただいて

写真:取締役執行役員 CSR委員長 佐治 信光

取締役常務執行役員
CSR委員長
佐治 信光

貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。

本年から、冊子版については財務報告と非財務情報をあわせてご報告する「NGKレポート」としました。日本ガイシグループで働く一人ひとりが企業理念の実現に向け、足元を見詰め直し、「自らの仕事を通して地球環境と社会に貢献する」ことを絶えず意識して、ステークホルダーの皆さまの声に真摯に耳を傾けながら、さらなるレベルアップを図っていきます。ホームページに掲載の内容と併せてご一読いただき、忌憚なきご意見をお聞かせくださいますようお願い申し上げます。

今後も海外でのビジネス規模がさらに拡大していくことが予想され、国際的なルールの順守が強く求められる状況の下、私たちはグループ一丸となって、引き続きコンプライアンスをCSR活動の根幹と考え、国際的な水準の判断基準に従い、誠実に行動することを通じて、グローバル社会からの期待と信頼にお応えしていきたいと考えています。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社