日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. コーポレートガバナンス>
  4. 基本的な考え方

ここから本文です。

コーポレートガバナンス

  • お問い合わせ

日本ガイシは、企業価値の向上に向け、コーポレートガバナンスの強化・充実のための施策を実施し、すべてのステークホルダーの皆さまから信頼される企業を目指しています。

  • 基本的な考え方
  • コーポレートガバナンス体制
  • コーポレートガバナンスに関する会議体
  • 内部通報制度
  • 社外取締役および社外監査役の状況
  • コーポレートガバナンス・コードへの対応
  • 内部統制システム
  • コーポレートガバナンス強化の推移

基本的な考え方

日本ガイシは、事業活動の適法性と経営の透明性を確保し、経営環境の変化に迅速に対応できる組織体制と、株主重視の公正な経営システムを構築、維持することをコーポレートガバナンスの基本的な考え方としています。
これを実現するために監査役会設置会社を選択し、コーポレートガバナンス体制としては、株主総会、取締役会、監査役会に加え、社長の意思決定を補助するための経営会議や各委員会を設置し、重要事項の審議・検討を通じて、ガバナンスの実効性を高めています。
また、事業環境の変化に即応し、迅速かつ最適な意思決定およびその執行を行っていく必要があるとの認識のもと、日本ガイシは執行役員制度を導入することによって、経営の「意思決定・監督機能」と「業務執行機能」の分離を進め、それぞれの役割の明確化と機能強化を図っています。
さらには、取締役会の監督・監視機能を強化するため、日本ガイシを取り巻く各々のリスクを取り扱う各委員会のうち、主要な委員会から取締役会への報告を義務付けるとともに、指名・報酬諮問委員会、経営協議会、社外役員会議、経営倫理委員会等を設置し、コーポレートガバナンス・コードの趣旨の徹底を図っております。
日本ガイシは、今後も引き続き、より充実したコーポレートガバナンス体制を実現していきます。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社