日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. 地球環境の保全>
  4. 環境基本方針

ここから本文です。

地球環境の保全

  • お問い合わせ

日本ガイシグループは、環境負荷を低減する生産技術の開発・導入や生産プロセスの改善、環境負荷の低減に寄与する製品・サービスの開発を進め、地球環境の保全に向けた努力を続けています。

報告の対象範囲

  • 日本ガイシ 本社/名古屋事業所、知多事業所、小牧事業所、石川工場(東京本部、大阪支社および6営業所は含みません)
  • 国内グループ会社 製造関連の連結子会社12社(2016年3月に解散した平成セラミックスを含む。また2015年1月子会社化したNGKエレクトロデバイス社は除く。)
  • 海外グループ会社 製造関連の連結子会社16社
  • 環境基本方針
  • 環境負荷の全体像
  • 環境行動5カ年計画
  • 環境管理体制・環境マネジメントシステム
  • 環境負荷低減への取り組み
  • 環境貢献製品の創出
  • 生物多様性への取り組み
  • 環境会計
  • 環境教育とコミュニケーション

環境基本方針

日本ガイシグループは、地球環境の保全を人類共通の重要課題と認識し、環境と調和した企業活動を推進するため、1996年4月に環境基本理念と環境行動指針から成る環境基本方針を制定しました。この基本方針の下、事業活動に伴う環境負荷の低減を図るとともに、環境保全に資する製品や技術の開発を通じて地球環境の保全に貢献していきます。

環境基本方針

環境基本理念

「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」ことを企業理念としている日本ガイシは、次世代の快適環境をつくる「トリプルE」(エコロジー、エレクトロニクス、エネルギー)の事業領域を通じて地球環境問題に貢献していくものとします。

環境行動指針

  • 環境貢献製品・低環境負荷製品の開発・設計・製造に努めます。
  • 事業活動に伴い生じる環境負荷の低減に取り組みます。
    デザインレビューなどにおいて事業活動に伴う環境影響を科学的に調査・評価し、
    • プロセス、設備の省エネ対策を推進し、CO2発生量の抑制に取り組みます。
    • 省資源、リサイクルを推進し、副産物の発生抑制に取り組みます。
    • 化学物質の適正使用、適正管理を通して有害物質のリスク低減に努めます。
    • 環境に配慮した材料・部品・製品・設備を優先的に調達・購入するとともに、取引先との協力関係も強化していきます。
  • グローバルな視点での環境管理体制を充実していくとともに、環境負荷の継続的な改善を行います。
  • 環境に関する法律、条令、その他要求事項を順守するだけでなく自主基準を設定し、環境保全のレベルアップに努めます。
  • 環境に関する情報は適時外部に提供し、すべての利害関係者と対話を重ねます。社会貢献活動を積極的に展開していきます。また、従業員の環境意識の向上を図るため、教育、広報活動を行います。

「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社