日本ガイシ株式会社

ページ内を移動するためのリンクです。



ここからグローバルメニューです。

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. 地球環境の保全>
  4. 環境管理体制・環境マネジメントシステム

ここから本文です。

地球環境の保全

  • お問い合わせ
  • 基本的な考え方
  • CSRトークライブ
  • 安全衛生と健康

環境管理体制・環境マネジメントシステム

基本的な考え方

環境基本方針

日本ガイシグループは、地球環境の保全を人類共通の重要課題と認識し、環境と調和した企業活動を推進するため、1996年4月に環境基本理念と環境行動指針から成る環境基本方針を制定しました。この基本方針の下、事業活動に伴う環境負荷の低減を図るとともに、環境保全に資する製品や技術の開発を通じて地球環境の保全に貢献していきます。

環境基本理念

「より良い社会環境に資する商品を提供し、新しい価値を創造する」ことを企業理念としている日本ガイシは、次世代の快適環境をつくる「トリプルE」(エコロジー、エレクトロニクス、エネルギー)の事業領域を通じて地球環境問題に貢献していくものとします。

体制・仕組み

環境管理体制・環境マネジメントシステム

日本ガイシグループは、国内外のグループ会社が一丸となった環境管理体制と環境マネジメントシステム(EMS)への取り組みにより、環境基本方針に沿った環境保全活動を推進しています。

連結環境管理推進体制

日本ガイシグループは、名古屋、知多、小牧、石川の各地区ごとの環境管理に加え、国内・海外のグループ会社についても事業本部を活動主体とする環境管理を推進しています。

環境マネジメントシステム( ISO14001など)への取り組み

環境基本方針に沿った環境保全活動を組織的、継続的に展開するため、ISO14001もしくはこれに準じた第三者認証の取得を推進しています。、海外を含むほぼ全てのグループ会社でISO14001もしくはこれに準じた第三者認証の取得が完了し、環境マネジメントシステムに沿った環境管理を実施しています。

環境リスクマネジメント

水質や大気などの環境汚染の予防に取り組むとともに、環境管理体制を定期的に見直し、事故の防止に努めています。また、万一事故が発生した場合に備え、緊急時対応訓練を実施し、万全を期しています。

取り組み取り組みの詳細や関連するデータについては、「NGKレポート 2017」PDF版をご覧ください。

事業計画にリンクした環境管理の強化

事業計画に沿った環境負荷低減への取り組みとして、半年ごとに実績評価と先行きの見通し予測を実施し、次に取り組むべき課題を見直しています。

グローバル環境管理の強化

国内で実施した環境負荷低減への取り組みを海外グループ会社に水平展開するとともに、環境関連法改正に確実に対応するための仕組みを整備しています。

環境負荷の全体像

事業活動において国内・海外の全生産拠点でインプット・アウトプットされた物質量を把握しています。

環境会計

環境経営の重要な指標として、環境会計を導入し公表しています。

環境行動5カ年計画

2016年度から2020年度における新たな環境活動の目標として「第4期環境行動5カ年計画」を策定しました。


「CSR」内メニューです。

CSR


ページの先頭へ

日本ガイシ株式会社