サステナビリティ

人々とともに

人間性の尊重、快適な職場環境の確保

日本ガイシグループは、従業員の人間性を尊重し、安全で働きやすい職場環境づくりに努めています。また、一人ひとりが公平な処遇の下で能力を最大限発揮できるよう、人事制度を運用しています。

基本的な考え方

「NGKグループ企業行動指針」では、従業員との関わりについて、「人間性の尊重と快適な職場環境の確保」を基本に、次のように定めています。

従業員基本情報

日本ガイシグループ 従業員数

従業員数
2013年度 13,210人
2014年度 16,217人
2015年度 16,657人
2016年度 17,517人
2017年度 18,783人

日本ガイシ 2017年度における従業員の状況

平均年齢 38.7歳(男性:38.7歳/女性:38.6歳)
平均勤続年数 14.1年(男性:13.6年/女性:14.6年)
入社後3年以内の離職率 2.4%
平均給与 7,852,010円

一般職人事制度改定

日本ガイシは、若手からベテラン層まで全ての従業員がやりがいをもって働くことができるように、2017年4月に一般職の人事制度を改定しました。日本ガイシがグローバルに事業を展開し、新製品や新規事業の創出を推進していく上で、重要な役割を担う若手や中堅層の意欲を高め、能力を十分に発揮できる環境を整えました。

Pick Up Topics

従業員の能力を十分に発揮できる環境づくり

2017年4月に施行した新人事制度では、会社が求める人材像を明確に打ち出し、若手や中堅層には能力を最大限に発揮できる制度を用意しましたので、自ら進んでより高いステージに挑戦してほしいと思っています。また、ベテラン層も65歳の定年まで、安心して変わらない働きができる環境を整えています。
今回の人事制度改革が、女性の意欲向上にもつながり、日本ガイシグループの取り組む女性活躍推進の後押しになればと思います。今後も社内の意見を聞きながら改善・改革を進めていきます。

人事部 マネージャー 杉浦 由佳

詳しくはこちらを
ご覧ください。

NGKレポート2018 従業員(PDF)