アジアNGKセラミックスインドネシア社会福祉

ACInが児童養護施設の子どもたちを食事会に招待

2019年05月

NGKセラミックスインドネシア(ACIn)は児童養護施設の子どもたちを招き、工場敷地内のモスクで断食明けの食事会を行いました。
イスラム教の断食月(ラマダン)は、5月初旬から約1カ月間です。期間中、国民の大半を占めるイスラム教徒は日の出から日没まで飲食せずに生活し、断食明けの日没後には皆で集まって食事を楽しみ神の恵みに感謝します。
この日の日没後、ACInでは社会貢献の一環として子どもたちを招待。社員と食事を楽しんだほか、子どもたちに学習用ノートやかばんなどをプレゼントしました。

食事会には子どもたちと社員など約500人が参加

食事会には子どもたちと社員など約500人が参加

一覧へ戻る