アジア双信電機地域社会

ウエルカムフラワーの設置に協賛

2019年04月

双信電機は、4月15日、長野県佐久市の玄関口であるJR佐久平駅への「ウエルカムフラワー」の設置に協賛しました。
この取り組みは、ゴールデンウィーク期間中に佐久市周辺で開催される「佐久バルーンフェスティバル」や「佐久鯉まつり」などに訪れる観光客を、色とりどりの花でもてなそうと、佐久市観光協会と佐久平総合技術高等学校(佐久市)の主催で毎年行われているものです。双信電機は2017年からこの取り組みに協賛し、地域貢献に努めています。
参加した社員11人は、同校の生徒が育てたパンジーを協力して設置。計50鉢のプランターで駅構内が華やかになりました。

設置作業に協力した双信電機の社員(後列)と佐久平総合技術高等学校の生徒たち

設置作業に協力した双信電機の社員(後列)と佐久平総合技術高等学校の生徒たち

彩り豊かなプランターは、改札前に設けられた佐久市と漫画「北斗の拳」がコラボレーションしたパネル「佐久市に来い!」とともに、訪れる人の目を引きました

彩り豊かなプランターは、改札前に設けられた佐久市と漫画「北斗の拳」がコラボレーションしたパネル「佐久市に来い!」とともに、訪れる人の目を引きました

一覧へ戻る