アジア双信電機地域社会

小学生向けに工場見学会を開催

2018年12月

双信電機千曲技術センター(長野県佐久市)は、地域のPTA活動に協力し、12月14日、工場見学会を開催しました。この見学会はPTAが主催で毎年1回実施されているもので、双信電機は今回初めての開催でしたが、小学生16人とその父兄、近隣住民など合わせて29人が参加しました。
工場見学の前に、社員(法務)が会社や事業概要のほか、工場内で製造している製品の一つであるコンデンサについて紹介。その後マイカコンデンサの製造工程や特長を説明しながら、工場を案内しました。
今後も社会貢献活動の一環として、継続的にこの活動に取り組むとともに、地域とのコミュニケーション活性化を図っていきます。
※「コンデンサー」は、双信電機の主力製品の名称に合わせて「コンデンサ」と表記しています

工場内でマイカコンデンサの製造工程を案内する社員。子どもたちは熱心に耳を傾けました。

工場内でマイカコンデンサの製造工程を案内する社員。子どもたちは熱心に耳を傾けました。

コンデンサの仕組みとマイカコンデンサの優位性について分かりやすい言葉で紹介しました。

コンデンサの仕組みとマイカコンデンサの優位性について分かりやすい言葉で紹介しました。

一覧へ戻る