中米NGKセラミックスメキシコ災害支援

メキシコ中南部地震の被災者に寄付

2017年10月

9月に起きたメキシコ中南部での大地震により甚大な被害が発生したことを受け、NGKセラミックスメキシコ(ACM)は有志を募り、食料品や日用品などの支援物資を寄付しました。寄付した物資は、ACMのあるヌエボ・レオン州都モンテレイ市のメキシコ赤十字社を通じて被災者に届けられました。活動を担当した社員は「企業は社会の一員としてより良い社会を築き、支えるという責任がある。今回の地震に限らず、これからもACMのメンバーと協力し、社会に貢献できる活動を継続していきたい」と話しています。

寄付を呼び掛けたメンバー。メキシコ料理に不可欠なイワシやインゲン豆の缶詰のほか、トイレットペーパーや洗剤、ベビー用品など数多くの物品が集まった

一覧へ戻る