ヨーロッパNGKセラミックスポーランド国際交流

名古屋学院大学の学生らが工場見学

2015年02月

NGKセラミックスポーランド(ACP)は、名古屋学院大学経済学部の学生ら10人による工場見学を2月18日に実施しました。ACPでは社会貢献の一環として、ポーランド経済論の第一人者で同大学の家本博一教授の海外研修の受け入れを5年前から行っています。学生らは炭化ケイ素(SiC)製ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)の製造や検査、梱包の各工程を見学しました。

ACP社長の石川理さん(後列左から3番目)と記念撮影する家本教授(後列左から2番目)と学生ら

ACP社長の石川理さん(後列左から3番目)と記念撮影する家本教授(後列左から2番目)と学生ら

一覧へ戻る