先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 営業 > 佐藤 峻一

事業部をリードする営業マン

佐藤 峻一 2014年入社

所属

エレクトロニクス事業本部 HPC事業部 営業部 (※現在は セラミックス事業本部 産業プロセス事業部 NGKフィルテック(株)に所属)

出身学科

政治経済学部

入社動機と、これまでの職歴

社会を支える独自の製品

就職活動の時は、自分がどのような職に向いてるのか全く分からなかったので、できる限り多くの企業にエントリーしました。
日本ガイシを就職先として意識し始めたのは、大学時代に所属していたサークルOBの方がが日本ガイシで働いていることを知った時です。面白そうな企業だからとりあえずエントリーしてみようという軽い気持ちで説明会に行ったのですが、先輩社員の方々からお話を聞いているうちに、社会を支える独自製品を扱うという日本ガイシの魅力にどんどん惹かれていきました。
縁あって、日本ガイシから内定を頂いた後は独自性の高いセラミック製品を世界中に広げ、人々の生活を支えていきたいと思い、入社を決めました。
入社後は製造現場での経験を経て、現在は半導体製造装置用のセラミック部品を扱う営業マンとして働いています。

現在の私の仕事

人々の生活を支える職業

私は半導体を製造するための装置に搭載されるセラミック部品の営業活動を行っています。半導体は人々の生活に欠かせない部品で皆さんが普段使っているスマートフォンやPC、車や電化製品などあらゆるモノに内蔵されています。私の扱っている製品はそのような半導体を製造するための装置に搭載されるコア部品であり、そのセラミック部品が無くなると、スマートフォンやPCの供給が止まってしまうほどの影響力を持っています。お客様は半導体製造装置のメーカーで、私は主に韓国市場を担当しています。社内の技術、製造部との調整を行い、現地拠点へ指示を出すことが主な仕事となっています。時には自らお客様のところへ出向き、価格交渉や新たな設計品の拡販活動を行っています。自分の担当製品が人々の生活を支えているという実感を持てるのは営業マンの魅力の一つです。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

同期で初めての海外出張経験

私の部署は新人であろうと、どんどん仕事を任せてくれる部署であり、私は同期の中で一番初めに海外出張を経験しました。
最も印象に残っているのは上司がいない中、一人で韓国出張に行った時です。お客様と契約に関する打ち合わせを行う予定だったのですが、上司から「今回は君一人に任せる」と言われ、一人韓国に飛んで行きました。現地拠点のメンバーはいるものの、今回は私主導で打ち合わせが進行。自分の発言一つ一つに責任のある打ち合わせは非常に困難でしたが、お客様と交渉する中で感じる緊張感は営業マンでしか味わえない魅力だと感じました。
その日の打ち合わせはなかか結論が出ない厳しい展開となり、お客様と交渉することの難しさを痛感。事前準備の重要性を身を持って体験することができました。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

現地拠点と社内をリードし、お客様へ提案

私の立ち位置は現地拠点、社内の技術・製造を繋ぐところにあり、営業としては両者を纏め上げながら、お客様への提案を行い、事業部をリードすることが求められています。現状、私は目前の課題解決に終始しており、両者をまとめるどころか、サポートするような立ち位置になってしまっています。
今後実力をつけ、実績を積むことで現地拠点・社内からの信頼を勝ち取り、両者をリードするような存在になりたいと思います。社内の知恵を結集し、営業としてベストな解決方法をお客様へ提案することで、社内外から頼られる営業マンになりたいです。
営業一覧へ戻る営業一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報