先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > スタッフ・企画 > 佐々木 優

強い調達、ベストな調達

佐々木 優 2015年入社

所属

資材部 機器購買グループ

出身学科

文学部

入社動機と、これまでの職歴

魅力は「人」にも

高校生の時から旅行や語学勉強が好きで、将来も海外と関わりを持ちたいと漠然と思っていました。その想いは変わらず、自社の強みを海外に広く展開しているメーカーを中心に就職活動を行いました。その中で、日本ガイシの「独自の技術を活かし多様な事業を展開している」「早くからグローバルに働くチャンスがある」という点に魅かれ、入社を志望しました。
面接では何故かそれまでにないくらいリラックスして話せたことを覚えています。
入社後は全体研修・工場実習を経て資材部の機器購買グループに配属されました。
「日本ガイシは優しい人が多い」とよく聞いていましたが、今でも工場実習先の方々と交流がありますし、部署の方はもちろん、他部署の方々と業務をする上でそれはとても実感しています。今では製品だけではなく、働く人そのものも当社の魅力の一つだと思っています。

現在の私の仕事

粘り強く、コツコツと

機器購買グループは、主に製品生産のために新設・更新する設備の調達を担当しています。「安定調達」を軸に価格、納期、品質という点でベストな調達を実現するため、設計部門・工事部門・取引先と連携して業務を行います。社内外問わず多くの人と関わって仕事が出来ることが資材部の魅力です。
私の現在の担当はハニセラムという製品の生産における粉体設備・連続成形機・検査ライン設備の調達で、海外グループ会社の調達サポートも行っています。
購買依頼を受けてから、取引先選定、価格・契約交渉、納期管理が一連の業務内容になりますが、ベストな調達の実現のためには、購買準備として購入する設備や契約の勉強も必要になります。このような勉強も含め、一つの設備を納入するまでには想像以上に苦労しますが、知識と経験の積み重ねがベストな調達実現の近道だと信じて、今後も粘り強く業務に取り組んでいきたいです。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

海外案件デビュー

印象に残っているのは、私にとって初めての海外案件、タイ工場向け設備の発注です。
慣れない欧州メーカーとのやり取りに加え、タイの免税規定や輸出関連の把握…全てがプレッシャーでした。発注までの数ヶ月間は、何度も査定資料を作り直すだけの日や、サプライヤーとの意思疎通がうまくいかず全く進まない日があったり…。その中でも段々と設備の知識がついてきたり、直接サプライヤーと会って交渉できた時は楽しさも感じられ、ドイツのメーカーに発注が決まりました。今振り返ると、上司・先輩はもちろん、設備に関して些細なことでも教えてくれた設計部門や、難しい要求にも答えてくれたサプライヤー等、案件に関わる方々の協力があってこその発注だと感じています。今後も社内外との協力関係を築きながら仕事が出来ればと思います。この設備が搬入されるのは約1年後ですが、自分が発注した設備が稼動しているのをぜひ見に行きたいです。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

資材ならではの付加価値を

一言で言うと、「かっこいいバイヤー」になりたいです。色々な視点から交渉戦略を考え提案する上司や先輩方の姿は、強くてかっこいい。私もそんな資材部の一員として、ベストな調達実現のための提案をもっと発信できるようになりたいと思っています。今までの購買業務を通して、資材部の存在意義は安く買うことではなく、そこに+αの付加価値をつけることだと感じました。依頼元と取引先の橋渡しとして、お互いにベストな購買を成り立たせるバイヤーに成長したいです。今後はメーカー訪問の機会を増やし、現物を見て知識を増やすこと、取引先との信頼関係を深めることで、自分なりのアイディアを提案出来ればと考えています。まだまだ自分にどんなことが出来るのか模索中ですが、先輩方のような「かっこいいバイヤー」として、自分の仕事に誇りを持ち、楽しみながら働ければ素敵だなと思います。
スタッフ・企画一覧へ戻るスタッフ・企画一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報