先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > スタッフ・企画 > 宇都宮 友美

意外とおもしろい!人事の仕事

宇都宮 友美 2014年入社

所属

人事部
人事グループ

出身学科

国際教養学部

入社動機と、これまでの職歴

縁もゆかりもない土地へ

メーカーを中心に就職活動をしていましたが、東海地方出身ではない私は日本ガイシという会社の名前すら聞いたことがありませんでした。しかし選考が進んでいくうちに、少数精鋭で早くから当事者意識と責任を持って仕事ができる環境に魅力を感じ、縁もゆかりもない名古屋という土地で働くことを決めました。 入社後は思いがけず人事部配属となり最初は戸惑いましたが、想像通り1年目から責任ある仕事を任せてもらえました。最初の2年間は社内の人事制度運営(異動、昇格、賞与など)をメインで担当し、3年目以降は海外に出向している従業員のサポート業務を行っています。

現在の私の仕事

相手の立場にたって

現在担当しているのは、海外のグループ会社(製造拠点・営業拠点)に出向した従業員の給与計算業務と、赴任のためのサポート業務です。海外でのビジネスに直接関わるわけではありませんが、出向者の生活やモチベーションの基盤となる処遇面を担当しているということで、責任を感じて日々業務に取り組んでいます。 2年目までとは違い、従業員の皆さんと直接お話をする機会が増え、面白みを感じています。その一方で、複雑な海外給与の仕組みを、相手がどうしたら理解できるか、人事の専門用語でごまかさず相手の目線で話すにはどうしたらよいか、試行錯誤の日々です。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

チェックの大切さ

入社2年目のことですが、社内の全部長宛のメールで、間違った内容の資料をつけて送ってしまったことが最大の失敗です。各部長宛に数十件のメールを出してから間違いが発覚し、大慌てでリストを作り直しました。入社当初は「偉い人に出す資料だから・・・」と入念に確認作業をしていましたが、慣れた頃に「もう大丈夫だろう」という気持ちが出てミスをしてしまい、深く反省したことを覚えています。その失敗以降、「ヒューマンエラーはしょうがない」と開き直るのではなく、何がいけなかったのか、どうしたら同じ間違いを繰り返さないのか、を常に考えるようになりました。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

現状に満足せず

まずは現在の業務について知識を増やし、誰からも頼られる存在になることが今の目標です。また、先輩たちが築いてきたことを引き継ぐのも大切ですが、これまでの制度や業務のやり方をより良いもの変えていきたいという意識も強くあります。今の部署では良い意味でやりたいように、のびのびと仕事ができる環境が与えられているので、その利点を最大限活かしていきたいです。
スタッフ・企画一覧へ戻るスタッフ・企画一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報