先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 生産技術・製造プロセス > 青木 泰穂

NGKスタンダードを目指して

青木 泰穂 2010年入社

所属

製造技術本部 製造技術統括部 試作センター 主任

出身学科

機能機械専攻

入社動機と、これまでの職歴

セラミック製品の製造の奥深さ

大学時代、加工機械に関わる研究をしていたため、モノをつくり出す製造設備の開発に携わりたいと考えていました。数あるメーカーの中でも日本ガイシは、自動車産業やエレクトロニクス産業、電気インフラ等、幅広い分野に関われる点で非常に魅力的でした。更に、先輩社員のお話で「セラミック製品の製造は、工程で起きた小さな異常でも、製品性能が出ないだけでなく製品の形にすらならない事がある程、繊細で奥が深い」という言葉に強く感銘を受けたのが、入社を決めた理由です。

現在の私の仕事

最新技術の導入に向けて

製造技術本部の役割は主に2つあります。セラミック製品の製造に関わる新しい要素技術を確立し、製造部門に提案する開発業務、そして、製造部門で抱えている問題を解決する支援業務です。現在、私は開発設備の導入を行っています。
具体的には、開発計画に基づいて設備の仕様検討から装置選定を行い、メーカーや各部署と連携を取りながら設備設置、製造部門への技術提案に向けて検証試験を行っています。対象設備を誰よりも深く理解しなければならず、苦労はありますが、常に新しい技術に触れることができ、幅広い知見を得ることができるので、とてもやりがいのある仕事だと思います。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

主担当としての設備導入

主担当として、初めて設備導入したことが最も印象に残っています。その設備は、社内で前例がない特殊な材料を使用するため、検討事項は多岐に渡り、入社二年目だった私には困難の連続でした。特に安全対策では、作業者の命に関わるため、あらゆる使用場面を想定し、メーカーや商社、各部署の方々と幾度に渡り打ち合わせを重ねました。
結果、関係各所や先輩方のご協力のお陰で、十分な安全策を設備に施し、計画通りに設備を導入することが出来ました。そうした苦労を経て、設備が正常に稼働する姿を目にした時の感動は今も忘れられません。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

ラボから世界の工場へ

自ら携わった要素技術が実際に製造現場に導入され、より良い製品の生産に繋げる事が現在の目標です。そして、ラボベースで試験を重ねて確立した技術が日本ガイシのスタンダードとなり、日本の現場から世界の工場へと展開されることが夢ですね。また、それに関連して、「~の技術といえば青木だ。」といわれるような、一分野において最も熟知しているスペシャリストになりたいと思っています。
生産技術・製造プロセス一覧へ戻る生産技術・製造プロセス一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報