先輩紹介

ホーム > 先輩紹介 > 営業 > 奥村 将之

一人前への道

奥村 将之 2006年入社

所属

セラミックス事業本部 産業プロセス事業部 NGKフィルテック(株) 主任

出身学科

商学部

入社動機と、これまでの職歴

世界第一位

そもそも、就職活動を行っていた際に業界等を絞って活動をしていたわけではなく、金融・商社・IT等様々な分野を見ていました。その1つとして訪問した会社が日本ガイシです。説明会では何をしている会社かも分からず、ただただブースに座っている学生を演じておりましたが、『世界トップシェア』という言葉で日本ガイシに興味を持ちました。社名の通り、"碍子(ガイシ)"で世界No.1のシェアを誇っており、非常に技術力に優れた会社だという事を知りました。
それからというもの、先輩社員とお話する場を設けてもらったりしていく内に、実際に働いている方の魅力、姿勢、プライド等に非常に興味を持ち、是非この会社で働きたいと思いました。

現在の私の仕事

苦労に比例する喜び

国内営業をしております。取り扱い製品は加熱装置。日本ガイシのどの製品をとっても焼成工程は必須です。ガイシから始まった古くから培われた技術を、時代とともに変化する新しいニーズを汲み取り、タイムリーに市場へ展開していく事が営業の役割です。現在は、世界的に注目を浴びているリチウムイオン2次電池関連の仕事が活況を迎えています。環境対策を考え、自動車メーカー各社がしのぎを削っている中、それを生産するラインの設備メーカーもしのぎを削っております。
その中の1つのメーカーとして日本ガイシがあります。競合他社が数多くいる中、お客様の1番のニーズを見つけ、またそれ以上のものを提案することで競合他社との差異化を生み、受注へ繋げていきます。非常に頭を使い、体力も必要な業務ではありますが、その分受注をした時の喜びといったら何とも言えません。

今までで一番印象に残っている仕事成功談・失敗談など

初参入

新規開拓客先で、加熱装置を導入して頂いた事です。私の所属する産業プロセス事業部は様々な系列がある事が特徴であり、また強みでもあります。今まで、耐酸機器の客先だった化学メーカーに加熱装置のPRをした所、既設設備で非常に困っているという話が出てきました。丁度増設計画があり、既設メーカーの設備は今後導入したくないという事が重なった事もあって、日本ガイシを含む3社が天秤にかけられました。競合他社は導入実績のあるメーカーで、担当者もそのメーカーを選定したいという意向がありました。
そんな中、実際に設備を扱う現場担当者に話を伺うと非常に困った問題点が浮かび上がってきました。それを汲み取った技術を提案した所、潜在的ニーズにマッチし、日本ガイシに興味を持って頂けました。競合他社とは約3割の金額差がありましたが、見事受注する事ができ、営業としての醍醐味を感じた案件になりました。

これからの夢、NGKで私が実現したいこと

一番近い所に

私の直属の上司の事ですが、非常に魅力を感じる方です。お客様への話の持っていき方、社内の技術への働きかけ等、どれをとっても目をみはるものがあります。そんな直属の上司に憧れを抱きつつ、日々業務を行っております。皆に早く認められる事が今一番の実現したい事であり、その上司に認められる事が夢でもあります。小さな夢に思われるかもしれませんが、人一人に自分を認めてもらう事がどんなに難しいことか、営業という職を通じて痛いほど感じております。
営業一覧へ戻る営業一覧へ戻る

日本ガイシ株式会社 新卒 総合職 採用情報