多様なアプリケーション

スマートグリッド

エネルギーマネジメントの利器

さまざまな電源をインテリジェントにコントロールし、トータルエネルギーコストの節減とCO2削減を進めるスマートグリッド。NAS電池は、エネルギーマネジメントシステム(EMS)の指令に瞬時に応じることができ、長時間の放電や充電のニーズにも柔軟に対応します。

  • トータルエネルギーコストの削減
  • 熱出力と電気出力の適正化
  • 再エネの有効利用
  • 購入電力コストの適正化
  • 災害時のライフラインエネルギー

導入事例

柏の葉スマートシティおよびスマートセンターは三井不動産が開発しているプロジェクトです。

柏の葉スマートシティさま NAS電池:1.8MW/12.96MWh(2015年より稼動)

環境共生・健康長寿・新産業創造を目指した柏の葉スマートシティに太陽光発電などの分散電源エネルギー調整用に採用されました。商業施設エリアとホテル・オフィスエリアの平日と休日で電力需要の異なるエリア間での電力融通を行い、地域レベルでピークカットします。災害時にはライフラインを守る為の電源としても役立ちます。

※上段の解説と下段の導入事例とは対応しません。