ベリリウム銅製品

ベリリウム関連製品の製造に関わる法規制について

ベリリウム関連製品の製造に関わる法規制

お客様がお使いになる通常のベリリウム銅の場合、固形状態でプレス加工、機械加工、曲げ加工などを施す範囲では、安全性に対する特別な配慮は必要としません。通常のベリリウム銅の加工に法規制は関わってきませんが、溶解・鋳造、研磨、研削などをする際は、「労働安全衛生法 特定化学物質等障害予防規則」に準じた措置を行うなど、安全性に配慮すべきケースがあります。

労働安全衛生法 特定化学物質等障害予防規則(特化則)

特化則では、下記のものを第一類物質とし、製造や取扱いに際しては十分な措置を講ずるよう、定められています。

  • ベリリウム及びその化合物
  • ベリリウム及びその化合物を1%を超えて含有する製剤
  • ベリリウムを3%を超えて含有する合金

お客様がお使いになる通常のベリリウム銅は、最大で2%のベリリウムを含有する合金ですので、当該法規制の対象外です。

参考資料

PRTR法(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律)

PRTR法では、ベリリウムを0.1%以上含有する物質を特定第一種指定化学物質に指定し、以下の要件のすべてに該当する場合に、排出・移動量などの行政への報告が必要となります。

  • 対象業種:すべての製造業、他
  • 雇用者数:常用21人以上
  • 形状:気体または液体、固有の形状を有しない固体(粉粒体など)
  • 年間使用量:ベリリウムで0.5t以上