加熱装置(焼成炉・乾燥炉)

インフラセラム

遠赤外線ヒーター「INFRACERAM」(インフラセラム)

ヒーター使用可能温度は、800もしくは900℃

インフラセラム単体

熱効率に優れた2.5〜10μmの遠赤外線を放射するには、発熱体の表面温度は約300〜900℃が必要です。
ところが従来のヒーターは、短時間で加熱したい場合や高温での加熱が必要な場合でも600℃が限界でした。インフラセラムは、800もしくは900℃の耐熱性を有するセラミック面発熱体であり、遠赤外線による加熱・乾燥の可能性を飛躍的に高めました。

特長

  • ヒーター使用可能温度は、800もしくは900℃

    高い最高温度を生かして、プラスチックシートの高速加熱や、電子部品の加熱、ガラス強化加工、金属表面処理加工など、中〜高温領域での加熱・乾燥分野で力を発揮します。

  • 均一加熱

    面状発熱体のため放射分布がよく、広い面積を均一かつ安定して加熱することができます。

  • 高精度の熱コントロール

    インフラセラム内部に温度検出端を装着することができます。そのためヒーターの表面温度を自在にコントロールして、高精度の温度管理が可能です。

  • 長寿命

    電熱線がセラミックスにモールドされているため酸化されにくく、長寿命を誇ります。

腐食性ガス雰囲気中での使用は寿命に影響が生じるため、技術的解決が必要です。お気軽にご相談ください。

特性

項目 性能数値
1.赤外線波長 2.5〜7μmを主体とする
2.ヒーター温度(Max) 900℃(大型1000W)
800℃(小型500W)

使用環境、ヒーター仕様により、使用可能温度まで昇温できない場合があります。

ヒーター温度とは、ヒーターに内蔵されたセンサーによる検出温度です。

関連情報

「加熱システム&セラミックス遠赤外線ヒーター」のパンフレットをPDFファイルでご覧いただけます。

「加熱システム&セラミックス遠赤外線ヒーター」のパンフレットはこちらから

「加熱システム&セラミックス 遠赤外線ヒータ」パンフレット請求

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部