産業用機器・装置

波長制御バッチ炉

波長制御バッチ炉

特長

  • 3種類の熱源で比較評価
    熱風
    波長制御ヒーター
    遠赤外線ヒーター
    乾燥プロセスを小サイズで手軽に比較できます。
  • 電子天秤の設置
    加熱時の重量変化をすぐに確認することができます。
  • バッチ炉内に熱電対
    ワークや炉内を任意に温度確認することができます。
  • 赤外分光光度計の設置
    ワークの吸収波長を測定し、ヒーターの輻射波長を合致させ、最適な乾燥プロセスを瞬時に決定できます。

仕様

炉形式 バッチ炉 塗工条件 アプリケーター
スピンコーター
スクリーン印刷
雰囲気温度 200℃
雰囲気 大気
N2 雰囲気(O2 濃度 20 ppm、露点-45℃)
ワーク条件 樹脂フィルム、金属フィルム
Max 175×145 mm
加熱源 波長制御ヒーター
遠赤外線ヒーター(インフラスタイン)
熱風
その他(付帯設備) 赤外分光光度計、ロードセル
簡易グローブボックス
炉サイズ 560 W×530 D×400 H

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部新商品G