加熱装置(焼成炉・乾燥炉)

バッチ炉

概要

小型・少量のサンプル(樹脂シートや金属箔、小型の成型体等)をバッチ処理する加熱装置。減圧・窒素置換といった雰囲気制御や温度変更が比較的容易のため、初期評価や少量多品種製品の量産に最適です。

炉内に複数の熱源を採用することで最適熱源の選定にも有効です。

主な用途

有機EL 各層塗工乾燥、アニール、封止シート脱水
照明・ディスプレイ 封止シートの塗工乾燥
MLCC 電極の脱水、電極・誘電体の印刷・塗工乾燥
医薬・化粧品 経皮吸収剤の乾燥
LIB 電極の脱水、電極の塗工乾燥
燃料電池 MEA 層の塗工乾燥・焼成
太陽電池 電極の印刷乾燥
ポリイミド 塗工乾燥、硬化、脱水
電子部品 フェライト、MLCC、マグネット
各種フィルム 粘着フィルム塗工乾燥、フィルム内脱ガス・脱水
特殊雰囲気加熱 減圧(5.0×10-2 Pa)、N2 雰囲気(O2:10ppm、露点-60℃)

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部新商品G