加熱装置(焼成炉・乾燥炉)

雰囲気ローラーハースキルン

セラミック焼成用ローラーハースキルン

セラミック焼成用ローラーハースキルン

特長

省力化を達成 製品の積み下ろしの自動化が可能で台車炉のような製品の棚積み・棚卸しの作業が不要となるため、自動化が容易で、作業人員の削減、省力化に効果を発揮します。

柔軟な生産対応

急昇温、急降温に耐えうる軽量な炉体構造なため、炉の焼成条件変更(焼成温度など)の場合、短時間で安定させることができ、各種の製品に適した高い生産効率を発揮します。

省エネルギー対応

焼成バーナーにHRS 燃焼システム()を用いることで、熱エネルギーの有効利用が可能。従来型バーナーに比べ燃料使用量、排ガス量が少なく、省エネルギーに対応できます。

HRS燃焼システム(Hi-Cycle Regenerative Combustion System):
セラミックハニカムを蓄熱体として内蔵した2つのバーナーを交互に切り替えて運転する省エネルギー燃焼技術

排気調整装置

排気調整装置
エゼクター排気制御での回路(ゾーン)ごとの精密な雰囲気制御が可能。

操作タッチパネル

操作タッチパネル
MMI(マンマシンインターフェース)及び概覧性に優れた操作が可能。

仕様

炉形式 ローラーハース 搬送条件 2 m/Hr〜0.2 m/Hr
雰囲気温度 1420℃ その他設備 粉体吸引回収装置
粉体圧縮充填装置
ガス直燃式脱臭装置
雰囲気 大気、N2 雰囲気(O2 濃度100 ppm)
O2 雰囲気90%
加熱源 炭化ケイ素ヒーター ワーク条件 700 W×320 L×400H
炉長 10m

試験焼成用のセッター・匣鉢については、ご相談に応じます。
匣鉢サイズ(例):□300mm×2列搬送(220mmH)

主な用途

リチウムイオン電池焼成用リチウムイオン電池焼成用

リチウム電池材、フェライト、衛生陶器、電子セラミックス、タイル、食器、 ファインセラミックス、原料仮焼

加熱装置(焼成炉・乾燥炉)に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部新商品G