グラスライニング製品

サンプリングバッフル

サンプリングバッフル

概要

独自の機構により密閉系でのサンプリングができます。従来の装置ではできなかった反応中の系内洗浄が可能になり、洗浄工程の短縮に役立ちます。

特長

  • 反応缶内の液を外に漏らすことなく、瞬時に取り出しが可能
  • サンプリングバッフルの内外ともにコンタミの残らない機構を採用
  • サンプリングに加え、オプションでpH計や温度計の取り付けが可能

操作方法

サンプル取り出し
1.サンプル取り出し
バッフル先端のバルブヘッドの開閉により、サンプリング室に液を取り込みます。
サンプル移動
2.サンプル移動
窒素を圧入し、液をサンプリング室からサンプリングボトルへ移動させます。
洗浄
3.洗浄
洗浄液でサンプリングバッフル内を洗浄します。(バルブヘッドは閉じた状態のため、洗浄液は缶内へは混入しません。)
乾燥
4.乾燥
再度窒素を圧入し、残留洗浄液を排出するとともに装置内を乾燥させます。3と4の操作を繰返し装置内を完全に洗浄・乾燥させ、次回のサンプリングに備えます。

多機能サンプリングバッフル

多機能サンプリングバッフル

サンプリングに加え、pH ・温度測定を1台のバッフルでできる多機能装置です。

  • 反応中でもpH電極の洗浄、補正が可能です。
  • 測定休止中、pH電極は保護されます。
  • 最高測定温度 130℃

オプションで、リモートコントロール装置、チューブ加熱装置、サンプル戻し装置などの取り付けが可能です。

「アクセサリー」その他の製品

グラスライニング製品に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部

  • 東京営業所(グラスライニング関連) 03-5391-6801 FAX:03-5391-6860