耐火物製品

シミュレーション技術

シミュレーションで未然にトラブルを回避します。

窯道具の特性、加熱条件を設定することにより、実機で発生するリスクを解析することができます。

事前に不具合リスクを検証

炉内のプレート(テストピース)移動を擬似的に再現することができます。

シミュレーションにより、テストピースの材質・形状設計などを変えることで、割れリスクを解消、長寿命化を図ります。

窯道具シミュレーション(イメージ)

各タイムステップにて一部分を仮想的に切りし、
(1)炉壁、(2)前後境界面の条件を順次変更することにより連続炉状態を再現

耐火物製品に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部