産業用機器・装置

可燃性雑固体廃棄物焼却炉

概要

雑固体焼却炉

雑固体焼却炉

セラミックフィルター

セラミックフィルター

原子力施設では多量の可燃性雑固体が発生します。日本ガイシでは、これらの廃棄物を安全に処理する可燃性雑固体焼却炉を日本全国に納入し、原子力発電の推進に大きな役割を果たしています。

特長

豊富な実績と信頼性
すべての原子力発電所と数多くの研究施設に納入し、安定した処理運転実績と安全性を有しています。
高い除染係数
セラミックフィルターと高温HEPAフィルター()の採用により、高いDF(排ガスの除染係数)を有します。

HEPA(High Efficiency Particulate Air)フィルター:
大気中から浮遊微粒子を除去する高性能フィルターです。0.3μmの微粒子に対して99.97%以上の捕集率があります。

雑固体廃棄物焼却設備フロー(基本例)

雑固体廃棄物焼却設備フロー(基本例)

セラミックフィルターの構造

セラミックフィルターの構造
セラミックフィルター(エレメントカットモデル)

セラミックフィルター(エレメントカットモデル)

製品ラインナップ

エネルギープラントに関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部

  • エネルギープラント営業所 052-872-7766 FAX:052-872-7985