産業用機器・装置

高温ガス集塵装置

概要

NGKセラレックシステムNGKセラレックシステム

従来の大気汚染対策設備は、バグフィルターや電気集塵機などが主流でした。しかし、バグフィルターは冷却装置によるトータルなイニシャルコストの高さ、設置スペースの大きさ、ろ布の目開き・腐食による繊維切れに起因するランニングコスト及びメンテナンスコストの増大などの問題があり、電気集塵機は、メンテナンスコストの高さ、煤塵の電気抵抗による補集効率の変動などの問題がありました。

これらの諸問題を解決する次世代の集塵装置として、日本ガイシは独自のセラミック技術を駆使し、ハニカムセラミックスを応用した高温ガス集塵装置「セラレックシステム」を開発しました。

特長

  • 高温ガス対応

    セラミックスの特性を活かし、フィルター自体は900℃の耐熱性を持っています。

  • コンパクト

    ハニカム形状のフィルターを使用しているため、設置スペースが従来のバグフィルターの1/3〜1/5になります。

  • 集塵効率

    サブミクロンの微細粒子の集塵が可能です。シリカやシリコンをはじめ、ニッケルなどのレアメタルの回収にも使用でき、回収には助剤が不要です。99%以上の集塵効率が期待できます。

  • 設置条件に合わせた柔軟な設計

    エレメントタイプは縦型もしくは横型があり、設置場所の条件による設計が可能です。

  • 経済性

    フィルターろ過面積が大きいため、ろ過単位面積あたりのコストを低減できます。

セラレックは、セラミックスそのものの超微細孔により、固形物を分離します。

セラレックの特性

セラレックは、自動車排気ガスを浄化するハニカムセラミックスと、水処理用ファインセラミックフィルターの技術を集約して完成した、日本ガイシ独自の有価物回収・集塵用セラミックフィルターです。

有価物回収・集塵メカニズム

有価物回収・集塵メカニズム 概要図

セラミックスだから高温や酸にも強い!
逆洗できるからいつまでも高性能を維持することができます。

セラレックの逆洗状況

有価物回収時

有価物回収時のセラレックの逆洗状況

集塵時

集塵時のセラレックの逆洗状況

運転中(回収中)個々のフィルターに対し、定期的に高圧ガスで有価物の吹き落としを行います。

初期性能

セラレックの初期性能

フィルター圧力損失は、バグフィルターと同等レベル。
ろ過流速1m/min フィルター圧力損失0.5kPa

セラレックの特性

材質 コージェライト
常用温度 〜900℃
外形寸法 150×500Lmm
セルピッチ 6pmm 4pmm
ろ過面積 2.6m2/1エレメント 3.9m2/1エレメント
平均細孔径 細粒層 約3μm
気孔率 40%
熱膨張係数 1×10-6/℃
軟化温度 1400℃
圧縮強度 孔軸方向 40Mpa
横方向 15Mpa

高温ガス集塵装置に関するお問い合わせ

産業プロセス事業部営業部