電子電気機器用セラミックス

新用途展開

透光性アルミナセラミックス「ハイセラム」の可能性

お客さまの製品に、日本ガイシのセラミック技術

日本ガイシは、透光性アルミナセラミックス「ハイセラム」の新用途展開に積極的に取り組みます。
お気軽にご相談ください。

製品特性

独自の成形方法

独自の成形方法

ハイセラムウエハー

8インチハイセラムウエハー

  • DUV~遠赤外まで良好な透光性。
  • 優れた機械的・化学的安定性をはじめとするセラミックスならではの強度特性。
  • 熱伝導率が高い。
  • 独自の製法により、ウエハー・板・円筒は勿論、複雑で微細な形状も対応が可能。

  • 高強度の特性を生かし、100μm以下の極薄加工が可能。
  • 高周波帯域までのtanδが低く(1~2×10-4 at 10GHz)、低誘電損失の設計が可能。
  • 高純度ゆえの高耐電圧。

※電子デバイス用としてサファイア代替品としても注目されています。

他の材料との比較

  透光性アルミナ サファイア 石英ガラス 窒化アルミニウム ポリカーボネート
熱伝導率
(W/mK)
34 38 1 90~180 0.2
透過率
(%)
95 95~100 100 0 90

※0.3mmt時

この製品の概要は「製品情報」をご覧ください。
さらに詳しい情報は「テクニカルデータ」をご覧ください。
モールドキャスト成形技術についてはこちらをご覧ください。

ハイセラムに関するお問い合わせ

エレクトロニクス事業本部電子部品事業部営業部