自動車排ガス浄化用セラミックス

触媒用セラミック担体「ハニセラム」

概要

触媒用セラミック担体「ハニセラム」

「ハニセラム」は、自動車の排ガス中に含まれるHC(炭化水素)、CO(一酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)など 有害成分を浄化する触媒担体用セラミックスです。年々厳しくなる排出ガス規制の強化に対応するため、高性能化を進めています。

クルマ社会に欠かせないハニセラム

日本ガイシではこれまでに累計約7億個以上のハニセラムを生産し、世界へ送り出してきました。日本、ベルギー、アメリカ、インドネシア、南アフリカそして2004年には中国からも供給を開始しており、地球環境を守るために今日も世界中で活躍しています。

特長

高幾何学的表面積と低熱容量化による触媒性能の向上
0.05mmの超薄壁化を実現

ハニセラムの格子状の壁の厚さは、新聞紙1枚程度の0.1mm。ハニセラムの壁を薄くすると、同じ容積でも表面積をより広くとれるので、排ガスの浄化性能をいっそうアップできます。 そこで日本ガイシは、さらに壁の薄いハニセラムの開発に取り組み、ついにその半分、ティッシュペーパーほどの0.05mmの超薄壁ハニセラムを実現させました。

触媒用セラミック担体の性能向上のためには

  • 速く昇温して触媒の作動温度に達するために、壁厚を薄くして熱容量を下げます。
  • 排ガスとの接触面積を増やすために、セル密度を大きくします。

※「ハニセラム」は日本ガイシ株式会社の登録商標です。

さらに詳しい情報は「テクニカルデータ」をご覧ください。

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部