ディーゼルエンジン排ガス浄化用セラミックス

コージェライト製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

概要

コージェライト製ディーゼル・パティキュレート・フィルター

日本ガイシのコージェライト製DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)は、ガソリン車排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム」のセラミックス材料として全世界で累計約7億個以上の実績があるコージェライトセラミックスの技術をもとに製造されているDPFです。

特長

コージェライト製DPFは、SiC(炭化ケイ素)製に比べて比重が軽く、昇温性に優れ、連続再生に適した材料です。また大型化した場合製品が軽量化できるため主にトラック用途に使用されています。

日本ガイシのコージェライト製DPFには、圧力損失を低減するため、セル構造の最適化と高気孔率の材料を開発、実用化しています。

「ハニセラム」は日本ガイシ株式会社の登録商標です。

仕様

気孔率 54、60%
外径 円形
セル構造 12mil/200cpsi 、12mil/300cpsi

自動車排ガス浄化用セラミックスに関するお問い合わせ

セラミックス事業本部営業統括部営業部