お知らせ

「The 3rd IEEE International Conference on DC Microgrids」に出展し、NAS電池のプレゼンテーションを実施

2019年05月13日

日本ガイシは、2019年5月20日から23日まで、島根県 松江市で開催される直流技術に関する国際会議・展示会「The 3rd IEEE International Conference on DC Microgrids (ICDCM)」に出展。また、5月23日午後のポスターセッションにてNAS電池のプレゼンテーションを実施。

終了しました。ご来場いただき、有り難うございました。

1.展示会概要

会 期:2019年5月20日(月)~23日(木)
会 場:くにびきメッセ(島根県立産業交流会館)
ブース:小間番号 17

The 3rd IEEE ICDCM

2.日本ガイシ出展概要

独自の高度なセラミック技術により、メガワット級の電力貯蔵を世界で初めて実用化した「NAS電池」。大容量、高エネルギー密度、長寿命を特長とし、長時間にわたる高出力供給が可能です。風力発電や太陽光発電の出力安定化用途での導入も増えており、再生可能エネルギーの普及やスマートグリッドの構築に役立てられています。また、エネルギーコストや環境負荷を低減するマイクログリッド、貯蔵した電力を有効活用するデマンドレスポンスなど、世界に広がる新たなエネルギーソリューションにも対応し、その普及・発展に貢献します。

また、研究開発中の、大容量で、安全性が高く、屋内設置に最適な亜鉛二次電池「ZNB」も参考出展します。

The 3rd IEEE ICDCM

The 3rd IEEE ICDCM

以上

一覧へ戻る