企業情報

社内報「みずほ」が日本経団連推薦社内報の総合賞を受賞

2011年03月14日

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)の雑誌型社内報「みずほ」が、一般社団法人日本経団連事業サービス社内広報センターが主催する2010年度「日本経団連推薦社内報」で総合賞を受賞しました。

「日本経団連推薦社内報」推薦・表彰制度は、経営に役立つ社内報活動の推進などを目的として1966年に創設され、編集方針や企画内容、文章表現、レイアウトなどを総合的に評価し、優秀な社内報を年1回表彰する制度です。今年度は224作品の応募があり、優秀賞3作品、総合賞20作品、特別賞6作品が選定されました。

「みずほ」は審査員から「まじめで、でもユニークで、温かな人たちの会社の匂いがする。それを大事にしようと細かなところまで気を配る編集姿勢が伝わってくる」「編集者の実力と冒険心なしには実現できない」などと高く評価されました。

1951年に創刊した「みずほ」は2011年3月号で通算1011号になります。経営方針や会社の状況を社員に分かりやすく伝え、理解、定着させるとともに、コミュニケーションの活性化や一体感の醸成を図るために毎月7200部を発行しています。

以上

一覧へ戻る