製品情報

米国の半導体製造装置用金属部品メーカーの事業を買収

2010年05月06日

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)はこのほど、米国の半導体製造装置用金属部品の製造子会社、FMインダストリーズ(FMI社)が米国の半導体製造装置用金属部品メーカー、LJエンジニアリングアンドマニュファクチャリング(LJ社)の事業を買収することを決定しました。LJ社からの事業買収により、半導体製造装置用セラミックスの事業基盤を強化し、エレクトロニクス事業のさらなる成長を目指します。

事業取得方法は資産譲受方式で、譲受日は5月1日、買収価格は1,420万ドルです。

当社は2002年にFMI社を買収し、当社のセラミック技術とFMI社の金属加工技術やモジュール製造技術を組み合わせることで、半導体製造装置用セラミックス事業を拡大してきました。今回、LJ社の事業を買収することで、半導体製造装置用セラミックス事業をさらに拡大して事業基盤を強化し、エレクトロニクス事業の成長を目指します。

FMインダストリーズの概要

1. 会社名 FM Industries, Inc.
2. 設立 1988年
3. 所在地 米国カリフォルニア州フリーモント
4. 社長 デイビッド・ミラー(David Miller)
5. 事業内容 半導体製造装置用金属部品の加工、モジュール製造
6. 売上高 5,100万ドル(2007~09年実績の平均)
7. URL 新しいウインドウで開きますhttp://www.fmindustries.com/

LJエンジニアリングアンドマニュファクチャリングの概要

1. 会社名 LJ Engineering & Manufacturing, Inc.
2. 設立 1971年
3. 所在地 米国カリフォルニア州サンタクララ
4. 社長 マーク・スタウト(Mark W Stout)
5. 事業内容 半導体製造装置用金属部品の加工
6. 売上高 2,200万ドル(2007~09年実績の平均)

添付資料

LJ社の製品写真(アルミ冷却板)

LJ社の製品写真(アルミ冷却板)

以上

一覧へ戻る