企業情報

社長挨拶「新年に向けて」

2010年01月05日

世界経済は各国の景気刺激策の効果で、ようやく底を打ちつつあり、一部に回復の兆しも現れている。今年は自律的な景気回復が試される年になる。

当社は昨年から挑戦している「構造革新」を継続し、生産性の一層の向上により、さらに強靭なコスト体質を構築するとともに、新製品開発でも成果が出せるよう、引き続き注力していく。

世界的な自動車排ガス規制の強化や電力関連市場の伸びなど、今後の需要拡大は確実な見通しであり、成果を勝ち取るための道筋を確かなものにする年にしたい。

以上

一覧へ戻る