製品情報

石川工場の建設計画を正式決定

2009年08月10日

日本ガイシ株式会社(社長:松下 雋、本社:名古屋市)はこのほど、石川県能美市に設立を予定している石川工場の建設計画を正式に決定しました。

当社は昨年10月、自動車排ガス浄化用セラミックスの新たな国内生産拠点となる石川工場の設立を発表しましたが、昨年来の世界的な経済情勢の変化に伴う需要動向を踏まえて建設計画を一部見直しました。

石川工場建設計画の概要

所在地
石川県能美市 能美市新工業団地
敷地面積
約109,000m2
建物面積
延べ18,000m2
生産品目
自動車排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム®」
投資金額
約100億円
工事期間
2010年3月着工、2011年6月竣工
生産開始時期
2011年7月(当初発表 2011年1月)
生産能力
約800万個/年

今後の世界的な自動車排ガス規制の強化に伴う需要の増加に備えて、グローバルな生産体制の中心として新技術の開発と新製品の量産立ち上げを担う国内生産拠点を強化し、自然災害などの不測の事態が発生した場合にも製品を安定供給する必要があります。

既存の本社工場(名古屋市)と並ぶ国内生産拠点となる石川工場を早期に立ち上げて、最適な生産体制を構築していきます。

以上

一覧へ戻る